転職事前準備

情報収集から始まる転職活動!この成果がその後の転職活動を左右する

 

 

 

 

情報収集から始まる転職活動!この成果がその後の転職活動を左右する。この段階での成果がその後の活動に大きく影響を与えます。ただ多くの情報を集めるのではなく、自分にあった情報を選択するというポイントを押さえておくことも成功の近道へとつながります!

 

 

情報収集から転職活動は始まっている!!

 

 

 

 

 

 

神楽 仁
実際に転職活動をする前に、募集情報の収集を見ることから転職活動は始まっているといえます。

この段階での成果が、その後の転職活動の成功に大きな影響をもたらしてきます。

そして、このような情報は多く集めればいいというわけではなく、いかに自分にあっているか?といった情報を選択できているか否かがポイントとなってきます。

 

 

 

自分の基準を明確にする!!

 

 

 

第一に、自分の働く職種や業種を自分なりに基準を決めておきましょう。

転職の際に譲れない必要条件!転職の際に妥協できる十分条件!を決めておき、この基準に沿って転職情報の取捨選択をおこなっていけば、自分の希望の条件が絞り込めてくるはずです。

逆に何らかの基準をつくっておかないと集めた情報は役に立たないものになってしまうということです。

少し面倒くさいですが、自分のことを冷静に知ることが天職などへの成功の近道となるのす!!

 

 

鷹司 巫女

 

 

 

 

職種や業界の情報収集は必ず行う

 

 

ハル

同職種かつ同業種に転職を希望している場合でも、他業界や関連職種までより広く調べてみることが成功への近道です。

なぜなら、多くの分野から情報を集めると客観的に自分のしたいことが再確認できるからです。

実際に調べているうちに本当にやりたい希望は別の職種や業種であったということも見えてくるかもしれません。

 

 

 

転職に必要な企業分析・企業研究

 

 

榊 龍人

転職活動の条件に合った会社が見つかったならその会社を調べてみることが肝心です。

これはよくある話ですが、うちの会社をよく知らないで応募する人が多いといった人事採用者の声もよく聞こえます。

仮にその企業を知らなくても書類審査で通過しても面接で失敗するということもあり得ます。

また、入社できたとしてもこんなはずではなかったという後悔する可能性も高くなります。

転職する際には、企業研究は必要な項目ですから、必ず情報収集をしましょう。

企業情報については、株式の四季報などで基礎データが載っています。

さらに最近では、例えばSBI証券などで証券口座を無料で開設しても上場企業ならその基礎情報が閲覧できます。

組織の風土などはより専門のサイトなどで情報収集をしなければなりません。

しかし、昔に比べれば今はすぐ情報をインターネット上で探し出すことができる時代ですから、ひと手間をかけて情報を求めましょう!!

 

 

 

ポイント

企業情報の収集こそが転職成功への近道です!!

 

 

 

 

集めた情報を整理してから企業を選択する

 

 

ある程度、自分が働きたいと思う会社の情報が集まったら、整理をしてみましょう。

現実的にイメージが湧くと思います。

当初の予定の職種や業種から変わっている場合もあるかもしれませんが、これがしたい!!という転職目的がずれていなければきっと成功するでしょう。

ここから具体的な企業選びに絞り込んでいきましょう!!

蔵地 マイ

 

 

 

 

転職情報収集をして企業研究を行う流れ

 

 

 

step
1
自分の基準をつくる

 

 

step
2
職種についての情報を集める

 

 

step
3
業界・業種について情報を集める

 

 

 

step
4
企業についての情報を集める

 

 

 

 

自分の基準をつくる

 

 

宮司 崇

新しい会社で「やりたいこと」、「やりたくないこと」を優先順位をつけて決める。

職種・業種・業界・会社規模・社風・取扱商品など対象は何でも構わないです。

この基準に沿って情報を集めていきましょう。

情報源としては、インターネット・経済新聞・新聞・雑誌などいろいろありますから多くの媒体からピックアップしていきましょう!!

 

 

 

 

職種についての情報収集

 

 

 

転職時に最も重要な「希望職種」について調べていきましょう。

現在と同職種でも業種や企業によっては名称や業務範囲が異なることもあります。

同業他社など現在と同じ職種や業界を始め、他業種や他業界の職種などもチェックすることがいいでしょう。

希望職種を様々な観点から見ていくことで、自分の職種の一般的な業務内容や会社の中での位置づけが見えてくるでしょう。

 

大和 乙羽

 

 

業種・業界についての情報収集

 

 

 

須佐 可夢偉

興味のある業界・業界全体の動向などを調べてみましょう。

複数の業界業種があっても構いません。

ベンチャー企業が多い新規分野や大手企業が参入している成長分野やブームが去った衰退産業などそれぞれの業界によって違いが見えてくると思います。

また、そこで対象とする顧客層や提携や協力をしている業種などまでわかればかなり情報収集がうまくいった証拠です。

そうしたリサーチも転職をする準備段階ではとても大切な要素のひとつなのです。

 

 

 

 

企業についての情報を集める

 

 

 

神楽 仁
自分の基準を満たしてくれた企業を研究してみよう。

企業の募集要項などから大まかなことはわかりますが、その企業のホームページや雑誌などいろいろな媒体を参考にして一歩進んだ研究をしてみよう。

もし可能であれば、知人や友人に親族などのコネがあればその会社の内情を聞き出すことも可能です。

そして自分が希望する職種は、その会社ではどのような扱いをされているのか?

業界ではどのような評価をされているのか?などは知っておくべき要素です。

 

 

 

自己分析シートを活用して転職して自分が何をしたいのかを整理する!

 

雑記ブログ「笑って人生」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Google-adsense

Google-adsense

-転職事前準備

© 2021 天職de転職ブログ