転職事前準備

転職しないことを考えてみる!長年勤めると転職したくなる理由も多い!

 

 

 

転職しないことを考えてみる!長年勤めると転職したくなる理由も多い!入社してから何年も経過すれば部署によっては、仕事がつまらない・人間関係が嫌になった・賃金が変わらないなど不満が出てくることがどんな人にも出てきます。しかし、現職を続けるという選択もあるのです!

 

 

転職しないことを考えてみる!!

 

 

 

 

神楽 仁

長年、会社に勤めると、会社がつまらない、仕事がつまらない、人間関係に疲れたなどといった不満を漏らす声をよく聞きます。

ですが、転職をしないで現職を続ける方法を考えてみることも重要です。

 

 

 

step
1
最大の転職先は今の会社という考え方

 

鷹司 巫女

多くの場合、会社内で何かしら問題がある場合に転職を考える人も少なくありません。

まずは、社内で問題解決ができないのか?ということを探ってみましょう

転職したとしても最初は物凄く労力を必要とします。

今の職場以上に過酷になる場合だってあるのです。

慣れた職場でなんとかなる方法を模索しましょう。

 

 

step
2
よくある不満は転職動機にしない

 

 

ハル

転職動機に、仕事の内容・人間関係・賃金評価などがよくあげられます。

しかし、これらの事象はどこの会社でも起こっていることが現実なのです。

100%満足できる会社に勤めている人はほとんどいません。

なにかしらのものを我慢して妥協して働いている人が多いのです。その事実を知っておくことが大切です。

 

 

step
3
会社に残るか会社を辞めるのか?基準は問題解決できるかどうかなのです!!

 

 

 

榊 龍人

仕事がおもしろくない!!仕事がつまらない!!それでは、面白い仕事とは何でしょうか?

これが解決できない場合は、根本的な解決にはなりません。

上司が嫌い・同僚とウマが合わないでも転職先で上司や同僚と衝突しないとは限りません!!

つまり、転職先でも起こりうる悩みなら、転職する必要はないといってもいいでしょう!!

 

 

 

step
4
転職リスクを考慮する

 

 

蔵地 マイ

アメリカや欧米ではステップアップを目指して転職を繰り返すことがキャリアを形成していくという国もあります。

しかし、日本のような保守的な考えが根付いている社会では、転職回数もこだわりを見せる会社も多いようです。

私が経験した話でも転職が4回目の欄以降は何も文字が書けないような経歴書を書かせようとしていた会社もあります。

あまり意味のないことをやっているのですが、日本社会では使い捨て企業が圧倒的に多く、根付かせるために転職回数を制限する傾向が強いようです。

しかし、こうした風情は今後の社会では無意味ととらえています。

4回目、5回目の転職でも半年くらいで辞めざるを得なかった会社の場合は、会社としてカウントする必要はないです。

言い方が悪いですが、ブラック企業は、法律すれすれいわば犯罪を犯している場合が多いです。

気にせずに次に向かって進むことが一番良い解決策の時もあるのです。安易な転職を繰り返すには、企業側の責任もあるのです。

しかし、やはり会社を見極めて働くという行為は重要ですからしっかりと働く会社を見極めることが重要なポイントです。

 

 

 

 

転職理由が「仕事がつまらない」人の対処法

 

 

宮司 崇

仕事がつまらない。という人は仕事に不満があり、キャリアアップを目指す人とは明らかに違います。

こうした不満をキャリアアップにつなげるには、こうしたい!!という強い意志が必要です!!

自分が本当にやりたいことや現状をしっかり分析することが大切です!!

 

 

会社の位置と自分の位置を知る

 

 

大和 乙羽

自分の会社が業界でどのポジションなのか?その会社の中で自分はどのポジションなのか?

自己分析が必要。何年間か働いてみると会社のシステムがわかってきます。

社内事情や仕事の役割も見えてきますから、全体像として社内でできることとできないことを把握しておかないといけない。

 

 

 

社内で解消する方法を考える

 

須佐 可夢偉

何が不満か?どうしたら解決できるか?をしっかりと考慮する。

自分が人の仕事まで任せられている割に賃金が少ないと思う場合は、仕事を効率化する方法や均等に仕事を割り振る方法、上司に人員を増やす方法などの数通りの提案方法はあります。

不満の原因をしっかりと見極めて協力者などをしっかりと確保して提案を実行できるようにしましょう。

 

 

 

 

自分が何を求めているかを知る

 

仕事がつまらないという原因がt特定できたら次にどうするかを考えます!!
鷹司 巫女

 

 

現在の会社に残る

 

ハル

すべてが解決しなくても、ある程度のことに納得できれば成功といえるでしょう!どのくらいのことをすれば業務内容がうまく遂行できたり、業務効率化が見えてくるはず!スキルアップの方法や出世の道もみえてくる!!

転職を考えるのはまだ先にしてもいいケースです。

 

 

転職を考える

 

榊 龍人

状況が変わらないようでしたら転職を考えてみるのも必要。

転職する過程で自分が求めているものがみえてくるはず!

重要なのは、次の希望で実現できる企業を探すことが大切です。情報収集をこまめにおこなっていくことが必要不可欠です。

 

 

転職理由・・・給与が不満

 

 

 

神楽 仁
なぜ転職をするのですか?その上位は、「月収が低い」、「賞与が少ない」、「稼ぐ必要がある」など賃金面が圧倒的に多いです。

私の友人知人も人間関係よりも賃金を気にする人が圧倒的です。

賃金=ステータスですからお金で得られるものも多いです。

しかし、実際は転職で賃金上昇するケースはまれなケースばかりです。

ヘッドハンティングクラスのスカウトでもされない限り、あまり急な賃金上昇は見込めないケースが多いから注意しましょう。

転職で賃金をあげることは容易ではありません!!

 

 

業界の水準を調べてみる

 

 

給与体系や給与額は会社によって違います。

今や大企業でも賃金を低く抑えて倒産を防ぐ傾向が強いです。

こうした会社の賃金水準は、四季報などで平均賃金がみれるほか、ネットでも口コミサイトで見ることも可能です。

自分を知り己を知れば百戦危うからず!!最初に入る会社はとても重要なことだけは覚えておきましょう。

そこからキャリアがスタートするのですから・・・・

 

蔵地 マイ

 

 

給与をあげる努力をする

 

 

社内で給与をあげるためには経験を積んでスキルアップするしかありません。

社内には多くの企業が、一般社員から主任・係長・課長代理・課長・部長代理・部長・本部長代理・本部長などと役職があります。

肩書がつけば給与が上がるといった会社は、名ばかり管理職でもよく知られています。

しかし、大企業の優良企業では、係長クラスから一気に給与が上がります!!

まずは任された仕事をそつなくこなして信頼を勝ち取ることが大切です。そして、給与が上がるように交渉することも重要です。

 

宮司 崇

 

給与額以外の他の要素も考慮してみる

 

大和 乙羽

今の会社の現状や業界の位置づけなども冷静に分析したうえでトータル的に判断します。

 

 

会社に残る

 

リスクとリターンを考慮して現在の会社にとどまる方法です。

転職して賃金をあげてもらっても要求は高いです。

つまりその要求を満たさない場合リストラされます。

仕事内容などに不満がない場合は、実績をつくり評価を得る方法を考えていくことがベストです。

労働組合があればこうした組合活動を通して出世するケースはよくあります。

会社と労働者の間をかけ持つ仕事にも参加すれば、きっと後で評価してもらえます。(ブラック企業の場合は逆効果)

 

須佐 可夢偉

 

 

転職を考える

 

 

給与が上がる見込みがない場合、転職する方法もあります。

転職する場合は、その後の給与の推移、給与体系、評価制度などはしっかりと確認しましょう。

10年後にいくらもらえますか?そのために邁進します。という考え方で仕事をこなせばいい結果が出るはず。

 

鷹司 巫女

 

転職理由・・・人間関係が原因

 

 

神楽 仁
職場の雰囲気が悪い。気の合う仲間がいない。気の合う上司がいない。

そうした場合、転職を考える人もかなりいます。

しかし、採用者側では、人間関係で悩む人を採用する場合、コミュニケーション能力の欠落やまた同じことを繰り返すのでは?といった疑問もつきます。

まずは、現在の会社で問題を解決することが望ましいです。

 

 

今の役割や関係性を現状分析

 

会社は会社、仕事は仕事と割り切って、学生時代みたいな友人依存などはしないで自分で物事をやり遂げることを考えてみましょう。

チームワーク重視の場合、ITなどは打ち合わせも多く、密にコミュニケーションが必要です。

自分の与えられた仕事で相手側の求められる要素を満たしさえすれば人間関係は崩れることはないです。

職場でプロフェッショナルを目指すことが必要です。

そのうえで、役割分担がはっきりしていると割り切って今の自分の位置で最大限を尽くすことです。

 

ハル

 

不満の原因を見つけ出す

 

 

不満に思っている相手は、逆にあなたをどう見ているのか?

そういう立場で考えてみると逆に関係性がよくわかってくる。

求められたものをこなせずに関係性が悪化したのか?単なるコミュニケーション不足なのか?

不満の原因がわかれば対応もできるはず。

ただ、業務上のプロセスでの評価方法が正当でない場合など、決定的な因子がない限りは改善策をみいだしてみよう。

 

榊 龍人

 

 

人間関係だけなら転職理由には当たらない

 

 

蔵地 マイ

どこの会社でも人との関係は必ずあります。全く人と関わらないということはないですから人間関係の大切さを見直しましょう。

 

 

会社に残る

 

不満が人間関係だけであれば、今の会社に残るべきです。

自分の意志で部署の移動や転勤願だって出すことは可能です。

とにかく周囲との円滑な関係創りは重要ですから、積極的にコミュニケーションはとりましょう。

自分からこうした事態を改善できない場合は、転職先企業などに行っても同じことが起こる可能性が高いです。

 

宮司 崇

 

 

転職を考える

 

大和 乙羽

人間関係を変えたいだけの転職では、企業はまず採用しない。

スキルアップなどを前向きな動機として転職活動しましょう。

自分の良い部分を伸ばすために転職するのであれば企業も採用してくれるはず。

周囲とうまくいかないという理由だけで転職するのであれば、転職することがもったいない。

 

 

企業では、よくある対人関係

 

 

どこの会社に行ってもウマの合う人とウマの合わない人は混在します。

皆がいい人ではないからです。人間関係を気にするくらいなら自分の将来を気にしましょう。

自分が仕事で得られるはずの経験や賃金も阻害されるわけですから、そういった困難を乗り切るためには、仕事で圧倒的な職人クラスの存在感を持つことができたなら、誰も文句をつける人はいません。

ですから一つ、人間関係で悩む人は、仕事の役割でのプロ職人となってみましょう。

そうすることで自然と周りからの信頼が得られるのです!!

 

須佐 可夢偉

 

 

転職がうまくいく人とうまくいかない人!成功か失敗か?本人次第!

 

「笑って人生」(グルメ・ニュース・イベント・旅行・スポーツ等の雑記ブログ)

 

Google-adsense

Google-adsense

-転職事前準備

© 2021 天職de転職ブログ