転職事前準備

今の仕事ではやりたいことが実現不可能?サービス職からの転職!!

 

 

 

 

 

今の仕事ではやりたいことが実現不可能?サービス職からの転職!!やりたいと思うことをやるのは20代なら可能性は大きい。例えば飲食店の店長から広告代理店の営業、サービス業から企画営業などに転身した人はたくさんいます。経験者優遇で未経験でも応募の価値あり。

 

 

 

今の職種では実現不可能と思ったらやりたい仕事に転職はあり?

 

 

 

 

 

神楽 仁
世の中には、たくさんの種類の仕事があります。特によく聞く話は、大学時代や専門学校時代などにアルバイトとして働いていた外食チェーンに誘われてそのまま就職したケースも多いです。

バイトの延長上で気軽に職場も知っているし、仕事も覚えているから意外と多いこのケース!!外食企業側もその人の性格を知っているし、大卒や専門卒を雇用できるまたとないチャンスです。

当然、与えられる仕事がそれまでの店舗運営業務に加えてアルバイトの管理、具材の仕入れ、店舗商品開発、広告戦略など店舗運営業務でもやることは多岐にわたっています。

多くの外食チェーンがブラック企業と呼ばれる中で、やはり、3年から10年くらい働き続けると会社の中身ややり方が頭の良い人なら理解できてしまいます。

せっかく努力してもこれ以上賃金が上昇しない。無駄なコストカットをせまられる。

すべては責任者やマネージャーに負担がかかります。

そんな時に店舗運営能力で培ったマネジメント力や経営企画・広告企画などの好きな分野の経験を素に転職を考えたケースをみてみましょう。

 

 

 

サービス・販売・外食業にあたる外食の店長

 

 

 

鷹司 巫女
主にサービス業や販売業・外食業にあたる職種です。

共通しているのはすべてサービス業であり、接客技術やマネジメント力も必要な職種であるということです。

 

 

 

サービス・販売・外食業の大別

  • 小売業
  • 流通
  • 外食
  • アミューズメント
  • 美容
  • エステ
  • リラクゼーション関連
  • 旅行
  • ホテル
  • 航空
  • ブライダル
  • 冠婚葬祭

 

 

 

ココがポイント

どの職種で経験を積んだかで違う。また責任者だった場合、マネジメント経験もキャリアになります。

 

 

 

店舗運営能力で培った経験を活かして他業種へ転換!

 

 

ハル

私の知人は、大学時代にステーキ専門店で働いていました。時給もそこそこもらえて朝から晩まで使ってももらえるので一日アルバイトのシフトで入るとそこそこの金額が稼ぐことができます。

大学は、文系でしたが数学などの能力は自負していただけあり、卒業後、ステーキチェーンにそのまま入社しました。バイトの延長上でしたから、すぐにマネージャーに抜擢され店舗業務を任されていました。

店舗を運営する上では、意外とさまざまな要素が必要です。統率力、決断力、集客力、人望などどれか一つを欠いても上手に店舗を運営することができません。

 

 

榊 龍人
幸い、彼には体育会系気質があり統率力やマネジメント能力、また大学で習得したマーケテイング能力など類まれな能力を発揮して前年比率120%以上の成長をし続けていましたが、賞与などには反映されませんでした。

また、その能力で5年目からは本部でのスーパーバイザー職も兼務しながら店舗運営していました。

これだけ多忙な生活ですから、休みも月に数回、たまに呼び出しありといった状況でしたので、さすがに気力が滅入った時期もあったようです。

 

 

蔵地 マイ

店舗運営などはある程度やりたいようにマネジメントできたそうですが、給与や福利厚生面でかなり不満に感じたようです。

ある時に彼も転職を決意しました。8年間務めた外食チェーンからほぼ未経験の広告業界に飛び込んだのです。

しかし、店舗運営業務では、広告業者の選定や予算の選定程度の経験でも広告代理店の営業として採用されたのです。

この時のポイントをおさらいしたいと思います。

 

 

 

ココがポイント

業界未経験でも転職はあり、経験にこだわりすぎる必要はないです。

 

 

 

応募するときのアピールポイントをしっかりおさえていた事例

 

 

宮司 崇
彼が、全くの異業種で転職を成功したポイントが何点かあります。

 

 

step
1
経験者優遇と書いてあるが、気にせず応募した。

 

大和 乙羽

経験者優遇という条件は、経験者じゃないといけないということではなかったようです。

しかし、店舗運営での広告選定業務やpopなどの作成で売り上げをな場した経験だけでステップアップできるほど転職も甘くはないようです。

 

 

step
2
自分のスキルを総チェック

 

 

須佐 可夢偉

異業種への転職は、リスクを伴いますが、ここでの評価は、スキルチェックが正しかったからでしょう。

大学では、マーケテイングも学んでおり、そのマーケテイング分析力が高かったのでターゲットに合わせた商品企画などがヒットした。

また、統率力やマネジメント力も客観的に見て他の店舗と比較して離職率なども書いていたので評価されたのでしょう。

彼の店舗は、離職率が全店舗中でも1,2位を争うくらい低かったそうです。そうした細かな自己分析も大いに評価されたようです。

 

 

step
3
自分にあっている会社や業種を事前にリサーチしていた

 

 

鷹司 巫女

彼は、広告代理店に入って営業企画などをおこなっていますが、それまで培ったマネジメント力や折衝能力、対人能力が優れていたので新しい転職先でも2年後くらいには主任に任命されるほど頭角を現していました。

未経験分野でも自分が学んでやりたいと思った広告代理店の仕事で見事転職に成功しました。要因は、細かな自己分析と実績を書き出したそうです。

まだ若いということもありましたが、やりたいと思う仕事に挑戦する熱意が一番重要な要素かもしれません。

皆様もこの話を参考に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

身につけたパソコンスキルを活かしたい。転職する前にやるべきことは?

 

「笑って人生」(グルメ・ニュース・イベント・旅行・スポーツ等の雑記ブログ)

Google-adsense

Google-adsense

-転職事前準備

© 2021 天職de転職ブログ