転職事前準備

採用時の年齢で異なる企業の期待値!20代、30代、では役割が違う?

 

 

 

採用時の年齢で異なる企業の期待値!20代、30代、では役割が違う?主に5つのカテゴリーに分類できます。20代前半、20代後半、30代前半、30代後半、40歳以上となり、求められているスキルなどや期待度も全くといっていいほど違う場合もあります。

 

 

 

 

採用時の年齢によって企業が求めるスキルや経験はちがう!!

 

 

 

 

 

神楽 仁
転職をするうえでは、中途採用と呼ばれる不定期採用の市場がメインです。

そこで、企業は、同じような才能のある求人者を求めて求人します。

その時の企業の状況によって求められる求人の質などは違うのですが、おおよその場合、年齢が高くなるにつれて求められるスキルは高くなります。

そのために、未経験採用の場合は、20代に集中しているのはこうした日本の転職市場にあるといってもいいでしょう。

業種や職種によっては、年齢が関係ないものもありますが、一般的には、20代では専門性と将来性を重点的に見ます。

そして、30代になれば専門性に加えてマネジメント力まで求められます。

さらに、40代となれば、より高いレベルでのマネジメント力があって当然としてみられるのです。

しかし、会社の業種や職種によってスキルやマネジメント力などを求められることがない場合もあります。

入社する前に、どんな会社でどんな人物像を求めているのか?

そうした事前準備もとても重要な要素になってきます。

しかし、実際は入社してみないとわからないという場面もたくさんでてきます。

信用できる情報源のデータを収集して雇用される側の企業を見極めることもとても大切な転職前の準備事項になります。

何故?どうして転職をしないといけないのか?を改めて考えてみる必要もあります。

 

 

 

 

年齢によって企業が期待している目線・・・20代前半(25歳くらいまで)

 

 

ポイント

  • ある程度の社会経験があり、ビジネスマナーは身についている
  • 身につけたスキルでも完全に実用化レベルまでは達していない

 

 

 

 

ポイント

  • スキルや経験が不足
  • 将来性の可能性のほうが高い
  • 未経験者でも今までのスキルが活かせる
  • 仕事に熱意を持っている人

 

 

 

 

 

年齢によって企業が期待している目線・・・20代後半(26歳から29歳まで)

 

 

 

 

ポイント

  • アピールできるスキルを持っていてもおかしくない年齢
  • 才能があればチームリーダーなどを任せれる

 

 

 

 

ポイント

  • 専門性が高い人が望ましい
  • 前職の実績がある人が望ましい
  • 即戦力として活躍してほしい
  • 未経験採用ではギリギリの年齢

 

 

 

 

年齢によって企業が期待している目線・・・30代前半(30~35歳くらいまで)

 

 

 

ポイント

  • 今までの培ったスキルを持っていることが大前提
  • 実績も残していないといけない
  • チームリーダーだったり係長クラスになっている年齢である

 

 

ポイント

  • その道のスペシャリストであるはず。
  • 即戦力採用としてみられている
  • まだ若いので社内の活性化にも期待している

 

 

 

 

年齢によって企業が期待している目線・・・30代後半(36~39歳くらい)

 

 

 

ポイント

  • 10年や15年のキャリアがある
  • スキルや実績もあるので問題解決力に優れている
  • 部下を指導できるマネジメント力も身につけている

 

 

 

ポイント

  • 専門職であれば高度な仕事を任せたい
  • 専門職と管理職を兼務してほしい
  • プロジェクトマネジメントをおこなってほしい

 

 

 

 

年齢によって企業が期待している目線・・・40代(40歳以上)

 

 

 

ポイント

  • 様々な業務経験がある
  • 今までの実績が豊富にある
  • チームなどの管理能力に優れている
  • 専門職以外でのマネジメントが中心の人が多い世代

 

 

 

ポイント

  • プロジェクトを全部任せたい
  • 人材の手配・材料の調達・進行管理など業務を一括してリーダーとして力を発揮してほしい

 

 

 

年齢別による企業の期待値の違いまとめ

 

 

神楽 仁
転職市場は、若い世代が圧倒的に有利なのは御存じですか?初めて職につく未経験求人が豊富なのが特徴。社会人としてのマナーやルールを持った人が、それなりのスキルを習得しておれば、未経験でも活躍する期待度が高いからです。

 

 

 

20代前半、20代後半なら今までおこなっていない業務でも採用されるチャンスがあります。社会人経験を活かして新たな道に飛び込む最後のチャンスです。
鷹司 巫女

 

 

 

ハル
30代になると企業側の求人もぐっと減ります。第一に、その道の経験者採用を求める求人が非常に多いからです。

 

 

 

転職市場では、30代は何らかの専門性と実績をもって転職するのが成功例!未経験採用の場合は、本当に将来の幹部候補の見込みがある場合のみ。それだけ厳しい目線で見られています。
榊 龍人

 

 

 

蔵地 マイ
40代以上ならその道のスペシャリスト採用が多い。ある会社の業績トップマネージャーを引き抜きたい場合に多い転職です。いわゆるヘッドハンティングと呼ばれる実力を買われての転職になります。予想以上に業績が伸びない場合は、すぐにリストラの対象にもなりかねない大変な転職になります。

 

 

 

社会に出てからどのような仕事に就き、どのようなことをこなしてきたのかをはっきり説明できない場合、あまり評価はされません。専門性のスキルに実績は必要事項なのです!!
宮司 崇

 

 

 

大和 乙羽
全く実績がなくても求人はあります。それは、工場の工員や土木作業員・トラックドライバー・道路工事作業員などの肉体労働や3K職場ならまだたくさんある場合もあります。急に飛び込むには難しいことも多いですが、会社の人間関係に悩んで辞める人ならこうした体を動かす仕事での再起もいいかもしれません。

 

 

ただし、未経験の場合が多いから、給料などはかなり安くなる場合が多いです。
須佐 可夢偉

 

 

 

神楽 仁
転職するにもどういったことを続けてきたのか?何ができるのか?どのような実績を残してきたのか?さらに、人物像は快活な人か?といったことが一番の転職の決め手となります。日頃から職務に対する努力を怠らないように日々まじめに業務に取り組んでおくことが一番大切な要素なのです!!

 

 

 

そうしたことから、転職を狙って年収アップを狙っていく人もいます。自らのキャリアを描いて良き選択をしましょう!!
鷹司 巫女

 

 

大和 乙羽
しかし、やはり給料が上がらない会社なら早めに見限って、たくさん給料のもらえる会社を狙うこともいいかもしれません。

 

 

多くの場合、賃金アップを目指す人も少なくありません。
宮司 崇

 

 

蔵地 マイ
最初に勤める会社もきちんと選択しなければよい仕事ができない場合も多いのです。

 

 

そうした後悔をしないためにも自分の力で評価される人間を目指しましょう。
榊 龍人

 

 

ハル
まじめに職務を遂行していれば自然に評価や実績がついてきます。

 

 

自分の特性をきちんと見極め、可能性を見て行動しましょう。
須佐 可夢偉

 

 

 

転職がうまくいく人とうまくいかない人!成功か失敗か?本人次第!

 

「笑って人生」(グルメ・ニュース・イベント・旅行・スポーツ等の雑記ブログ)

Google-adsense

Google-adsense

-転職事前準備

© 2021 天職de転職ブログ