転職事前準備

新卒入社後の離職率が高い!転職をするかしないかを再度考えてみる

 

 

 

新卒入社後の離職率が高い!転職をするかしないかを再度考えてみる新卒採用の場合、入社してから3年以内で退社する人の数が多いという厚生労働省のデータがあります。事業規模別にみても差はありますが、もう一度転職するかしないかを考えてみることも必要です。

 

 

大卒新入社員の離職率

 

表1:

離職率

※厚生労働省データを引用

 

神楽 仁

厚生労働省の統計データによれば、事業規模別での大卒新卒の離職率を表1に表しています。これによれば1年目、2年目、3年目と就業してからの離職率がわかります。

おおよそのデータから年別に多少のばらつきがあるものの1年目から3年目までの平均離職率は、15%から35%にもなっています。つまり1年目で約15パーセント、2年目で約25%、3年目で約35%の大学を卒業して新卒採用で採用された人材の離職率なのです。

大企業つまり、1000人以上の従業員がいる会社ではその傾向は低く、5人から100人未満の零歳企業や小規模中小企業の場合、離職率が高いというデータが出ています。

 

鷹司 巫女
それだけ日本の社会は、新卒でも退職する率が高いきわめて特殊な社会情勢といえます。

本来なら、海外の国々と比較して日本の現状を述べなければなりませんが、海外の場合では基の統計データが曖昧だったり、いい加減な統計手法を採用されていたりするので私一個人では膨大な費用がかかるためにあえて省略させていただきます。

 

ハル

しかし、この数値から見ても日本の新卒離職率の高さが理解できるきっかけになると思ってください。最初の会社選びがかなり重要であるということを念頭に転職活動を進めてみるのもいいかもしれません。

 ちょうど、3年目くらいの退職なら第2新卒扱いでの求人ならたくさんあります。そうした求人に失敗しないための企業選びをして慎重に検討してみてください。

 

 

転職には時間や労力が必要!

 

 

榊 龍人

転職をするだけでもとても大きな労力を消費します。企業の情報を収集するだけでもかなり時間がかかるかもしれません。また、履歴書作成や職務経歴書作成といった作業や面接などおおよそ半年にも及ぶ転職期間が必要なのです。

すぐに決まる場合もありますが、実際には自分が希望する職種や業種を入念に考慮して選択することが自分のためにはベストの選択となります。

中途半端な気持ちで転職活動にのぞんでも同じことの繰り返しにならないように気をつけましょう。自分の意思を通し続けた人が転職先でも成功をつかみとるのです。

 

転職は成功するとは限らない

 

蔵地 マイ

実際に転職してみて皆思うことがあります。「前の会社のほうが良かった」、「思っていた仕事ができていない」、「月給が上がったのに年収が下がっている」など転職にまつわるお話はよく耳にします。

長い期間1つの会社にいると他社の良いところばかりが見えてくるようになり、自社の良さを見失うこともあります。今いる会社で今現在抱えている問題が将来的にも解消されるようであれば転職を考えてもいいです。あまり変わらないようであれば、考慮することも必要だと思います。

 

転職して得るものと失うものもある

 

宮司 崇

転職するということは、転職先でも1からスタートするということになります。たとえ同じ仕事でも1から人脈をつくりあげ、その会社の業務体制に馴染まなければなりません。

そういった面では新たな刺激や出会いということもきたいできるかもしれませんが、以前所属した会社での人脈が役に立たなくなる場合もあります。

以前の会社で積み上げた信頼や実績を捨てて、新しい会社で1から信頼をつくる。そういった覚悟を決めて転職をすることも必要です。失うモノの大きさと得るモノの大きさのバランスを考えて最終的に転職を決めていきましょう。

 

 

転職にのぞむための成功3カ条

 

 

転職後になりたい自分をもっていること

 

大和 乙羽

転職して自分がなっていたい理想像をもちましょう。今までの経験から業績で実績をあげて給料をあげるといった目標でも構いません。

転職動機が明確でないと転職した意味がありませんので、転職のモチベーションも上がりません。具体的な目標を掲げて転職にいどみましょう!

 

自分の価値を知るという強みを活かす。強みを発揮できれば好結果になる可能性大!

 

須佐 可夢偉

転職市場では、自分のスキルやキャリアが客観的にどうみられているかを知ることも必要です。自分の強み弱みを分析しておかないと自己PRも企業選びもあいまいになる可能性があります。

今の自分の価値を知ることであなたの今後の強みに変わるのです。自分の価値が高くても低くてもそれを変える努力を怠らなければ必ず好結果につながります。

 

転職するということは転社することでもある

 

神楽 仁

会社によっては社風が全く違います。こうした社風で顧客に対する対応などにも全く違ったりします。顧客絶対主義の会社なら顧客の言い分が優先されますし、顧客と自社との調和が主体でしたらある程度こちらの言い分も通るかもしれません。

こうした顧客に対する考え方は、経営戦略や経営者の発信する言葉でもわかるように説明されている場合もあります。こうした社風などの温度差によって転職希望者が殺到する企業や全く来ない企業など別れていますので注意深く企業観察が必要な要素です。

転職は出来たのに転社には失敗したケースもあります。そうした事態を招かないためにも企業研究は必要不可欠なのです。

 

転職活動期間とスケジュール管理!在職中転職と退職後転職では違う!

 

雑記ブログ「笑って人生」

Google-adsense

Google-adsense

-転職事前準備

© 2021 天職de転職ブログ