転職事前準備

転職に役立つ資格!国家資格・公的資格・民間資格など実用性のものをとろう!

 

 

 

転職に役立つ資格!国家資格・公的資格・民間資格など実用性のものをとろう!転職に有利なのはもちろん、今までの実績や職務経験値です。しかし、職務に関連する実用性のある資格なら採用する側もその点はきちんと評価します。多種多様な資格でも有益性のものなら優遇される。

 

 

転職に役立つ資格取得!資格は有利な転職ができる。

 

 

神楽 仁

日本には、国家資格・公的資格・民間資格と多種多様な資格が存在しています。

一番効果的で信用度の高い資格は、やはり国家資格といってもいいでしょう。

代表的なものに医師免許・弁護士・公認会計士・税理士・社会保険労務士・司法書士・行政書士・薬剤師・看護師・パイロットなど資格を取得すればほぼ一生その仕事で生計がたてれる仕事です。

おおよそその資格を取るために大学などで学ぶ場合が多いです。

それだけに実益性と有益性が一番高い資格が国家資格といえます。

 

鷹司 巫女

次に公的資格ですが、代表的なものに簿記検定(1級から4級)があげられます。

あれば事務の補助的に有益性がある資格という認識がある資格です。

最後に、民間資格です。

様々な団体が勝手に資格認定している資格取得を目指したものですが、侮れない資格も多々あります。

例えば、ファイナンシャルプランナー・TOEICテストなどは事務処理能力などの必要最低限の能力検定と位置付けられています。

 

ハル

さらに、アメリカなどでの経営学修士MBAなどは民間資格の中でも群を抜いて評価される資格といっても過言ではないのです。

どういった資格を取得してどのような業で生計をたてるかで選択は違います。

一生に一度の人生ですから選択を誤らなければよい人生が過ごせる場合が多いのも資格というものを持っているおかげなのです。

 

 

 

企業は応募者の資格をどのように考えているのだろうか?

 

 

榊 龍人

何らかの資格を取得しておれば、一般的には転職に有利です。特に業務にかかわるものなら評価のポイントは高くなります。

例えば、事務処理に必要なワードやエクセルの習得ども関数をそつなく使いこなせるレベルであれば優遇されます。

しかし、あくまでも資格は1つの要素に過ぎないということは覚えておきましょう。

 

蔵地 マイ

やはり民間の企業で重視されるのは実務経験であり、実績を評価して選考するのです。ということを知っておけば、資格をとってから転職しようと考えるのではなくそのタイミングにやりたい仕事に巡り合えたらすぐに働くべきなのです。

チャンスは、タイミングでもあるということをしっかり意識しておきましょう。ただし、資格取得に向けて勉強中であるということをアピールしておくことはとても大切なことです。その点も評価はされますから、アピールポイントに記入しておきましょう。

 

 

 

業務に役立つ資格?業務に役立たない資格?企業により評価は違う!

 

 

宮司 崇

資格というモノは持っていても損はしません。しかし、持っていても使っていなければ宝の持ち腐れとなります。

例えば、医師免許を取得したのに医師の業務以外のことをしていたら、医師としての能力は疑われることになり実績や経験がない新人と同じという扱いをされることもあります。

 

大和 乙羽

資格を取得したら必ず業務に関係する資格を取得したほうがいいです。特に企業は、民間資格を評価しないところが多いです。

また業種などによっては民間資格も重宝する会社もあります。目指す会社と目指す仕事に関連し、役立つ資格の取得を目指すことが一番有利な資格取得といえます。

 

 

資格取得の経費が戻る「教育訓練給付制度」を活用して資格取得!

 

須佐 可夢偉

厚生労働省の教育訓練給付制度を活用すれば、教育訓練を主体的に取り組んで速やかにキャリア形成を行うことを目的とした雇用保険の給付制度です。

特定一般教育訓練給付金(最大40%上限20万円)一般教育訓練給付金(最大20%上限10万円)があります。どちらも雇用保険に3年以上の加入した期間が必要最低限になります。

 

特定一般教育給付金概要(厚生労働省ホームページ)

 

一般教育給付金概要(厚生労働省ホームページ)

 

鷹司 巫女

注意点は、厚生労働大臣指定講座に限定されていますので、支給対象の講座であることを確認することも必要です。

 

 

 

人気の高い資格

 

 

神楽 仁

資格には、国家資格・公的資格・民間資格の3つに分類されます。国家資格は、国が認定しますから一番信用度が高く、直接取得したら関連した仕事に就くことが多いものです。

公的資格などには簿記検定などの公に認定された機関の発行したものです。さらに民間資格は民間団体が主導です。

国家資格>公的資格>民間資格といった序列だと思いますが、取得しておれば認められる民間資格も数多く存在します。

 

 

 

人気の高い国家資格

 

人気の高い国家資格

  • 情報処理技術者
  • 情報処理安全確保支援士
  • 税理士
  • 宅地建物取引士
  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 中小企業診断士

 

ハル

この他にも素晴らしい資格があります。例えば、医師・弁護士・公認会計士などのプラチナ資格を取得すれば一生食べることができると言われています。

勿論、超難関資格ですから若いうちから難しい大学に行くことが必要な場合が多いです。

 

人気の高い公的資格

 

人気の高い公的資格

  • 簿記検定(1級から4級)
  • ケアマネージャー
  • ホームヘルパー
  • エクセル表計算処理技能認定
  • 個人情報保護法検定
  • コンピューターサービス技能評価試験
  • 国連職員試験
  • 情報セキュリティ検定
  • 珠算能力検定
  • 毒物劇物取扱責任者
  • 販売士検定

榊 龍人
公的資格の代表格は簿記検定と珠算能力検定だといえるでしょう。昔は、商工会議所も国が運営していましたから、昔なら国家鹿宇田とも言えますが、準国家的な資格だといえます。職種によっては重宝されるのもあります。

 

 

人気の高い民間資格

 

人気の高い民間資格

  • パソコン(MOS)マイクロソフト社の検定
  • オラクルマスター(オラクル社のデータベース運用など)
  • ファイナンシャルプランナー
  • TOEICテスト
  • MBA経営学修士
  • CAD資格認定試験

蔵地 マイ
民間資格は、日本で最も多い資格です。役立つ資格とそうでない資格と考えて資格取得を目指しましょう。代表的で実務的な使える民間資格をあげてみました。これらの資格なら企業によっては評価が高い場合も多いです。

 

 

キャリアシートを作成!資格・スキルなど自己経歴を把握する方法です!

 

雑記ブログ「笑って人生」

Google-adsense

Google-adsense

-転職事前準備

© 2021 天職de転職ブログ