企業研究

三和グループは、三和銀行を中心とした戦後に結成された三水会が有名

三和グループは、三和銀行を中心とした戦後に結成された三水会が有名です。関西地盤です。三和銀行は、昭和8年に鴻池、山口、三十四の三つの銀行が合併して誕生しました。この銀行を中心とした系列融資企業を傘下にグループを形成していきました!!

三和グループは六大企業グループの一つです!!

神楽 仁
三和グループは、日本の六大企業集団の一つです。この集団も三和銀行を中心にグループが結成されていきました。昭和八年に鴻池、山口、三四の三つの在阪銀行が合併して誕生したのが、三和銀行です。現在では、三和銀行が東海銀行と合併してUFJ銀行となり、さらに三菱東京銀行などと合併して今では三菱グループの三菱東京UFJ銀行となっています。しかし、依然として旧三和会のメンバー企業会である三水会とみどり会という会合が頻繁に開かれ依然としてグループ企業の寄り合いのもと結束力を保っています。それでは、1990年代の三水会の幹部企業の顔ぶれと現代の顔ぶれを比較しながら見ていきましょう。

三和グループ三水会44社1990年代

須佐 可夢偉
それでは、1990年代の三和グループの企業メンバー三水会44社の顔触れを見ていきましょう。主に三和銀行の融資比率で組織を結せしています。中には融資比率が30%から40パーセント台という企業も抱えていますが、おおよそ三和銀行の10%くらいの融資比率の企業が多いようです。

三水会44社(順不同)

  1. 三和銀行
  2. 日本生命
  3. 東洋信託銀行

三和銀行の融資比率30~40パーセント台の企業

  1. ダイハツ工業
  2. 銭高組
  3. 中山製鋼所
  4. 岩崎通信機

三和銀行融資比率不明(推定この位置)

  1. サントリー

三和銀行融資比率20パーセント台

  1. NTN
  2. ユニチカ
  3. 東洋建設
  4. 積水化学工業
  5. 日立金属
  6. 日立造船

三和銀行融資比率10パーセント台

  1. 岩谷産業
  2. 積水ハウス
  3. 高島屋
  4. シャープ
  5. 日立電線
  6. トクヤマ
  7. 宇部興産
  8. 大林組
  9. 東洋ゴム工業
  10. 日新製鋼
  11. ナビックスライン
  12. 帝人
  13. 神戸製鋼所

三和銀行融資比率0~10パーセント台

  1. ニチメン
  2. 日商岩井
  3. コスモ石油
  4. 田辺製薬
  5. 日立化成工業
  6. 日立製作所
  7. 住友大阪セメント
  8. 伊藤ハム
  9. 京セラ
  10. 日東電工
  11. 新明和工業
  12. オリックス
  13. 阪急電鉄
  14. 日本通運
  15. 藤沢薬品工業
  16. 関西ぺイント
  17. HOYA

大和 乙羽
いずれも東証プライム市場に上場されている有名企業ばかりです。

三和グループ2020年代の現在のメンバー企業水曜会メンバー42社

宮司 崇
三水会は、三和銀行と東海銀行が合併して水曜会に名称変更されています。では三水会を引き継ぐ水曜会の幹部企業を見ていきましょう。

水曜会(順不同)

  1. 三菱UFJ銀行
  2. 伊藤ハム米久ホールデイングス
  3. 岩崎通信機
  4. 岩谷産業
  5. NTN
  6. 大阪ガス
  7. 大林組
  8. オリックス
  9. 関西ペイント
  10. 京セラ
  11. 神戸製鋼所
  12. コスモエネルギーホールデイングス
  13. サントリーホールデイングス
  14. Jフロントリテーリング
  15. 商船三井
  16. 新明和工業
  17. スズケン
  18. 積水化学工業
  19. 積水ハウス
  20. 銭高組
  21. 双日
  22. ダイハツ工業
  23. 高島屋
  24. タナベ三菱製薬
  25. 帝人
  26. 東海旅客鉄道
  27. 東洋建設
  28. TOYO TIRE
  29. トクヤマ
  30. 中山製鋼所
  31. 日東電工
  32. 日本通運
  33. 日本生命
  34. 阪急阪神ホールデイングス
  35. 日立化成
  36. 日立金属
  37. 日立製作所
  38. 日立造船
  39. HOYA
  40. UBE
  41. ユニチカ
  42. ユニー

蔵地 マイ
1990年代と比較すれば名称も変わっている企業も見受けられます。銀行を中心とした合併劇場の中心問題は、旧不良債権問題です。こうした不良債権の回収に銀行は四苦八苦していた時代もあることを覚えておきましょう。企業へのあいまいな投資が原因でのちの日本経済が混乱した要素の一因でもありました。こうした難局を乗り切って現在の企業グループが形成されています。

 

参考文献:「最新版一目でわかる企業系列と業界地図」、大園友和著、日本実業出版社、1997年。

 

芙蓉グループは、旧富士銀行・現みずほ銀行を中心に結成されました。

 

雑記ブログ「笑って人生」

Google-adsense

Google-adsense

-企業研究

© 2022 天職ブログ