企業研究

第一勧銀グループは、6大企業グループの1つです。日本最大の企業集団

第一勧銀グループは、6大企業グループの1つです。日本最大の企業集団と呼ばれる時期もありました。戦後の銀行の系列を中心とした巨大企業集団の1つです。第一銀行と日本勧業銀行の合併で誕生したのが第一勧銀です。その後、みずほ銀行になりました。

第一勧銀グループ

神楽 仁
第一勧銀グループの母体は、日本最古の国立銀行であり、渋沢栄一氏が頭取を務めた第一銀行と官営銀行であった日本勧業銀行が1971年に合併して誕生した銀行です。その当時では、世界最大の銀行と呼ばれておりました。こうした第一勧銀の系列融資企業をグループ化していき巨大な企業集団とよばれるグループになりました。その後は、第一勧銀もみずほ銀行へと合併を繰り返していき、巨大企業集団の垣根がわかりずらくなってきていますが、この当時にできていた三金会と呼ばれる企業グループを中心とした企業集団を第一勧銀グループとして6大企業集団として呼ばれています。では早速ですが、1990年代の三金会と現在の三金会を見ていきましょう。学生の諸君は、こうした企業に就職できるように企業研究をしてみましょう!!

1990年代の三金会48社

鷹司 巫女
時代の波とともに合併していき社名が変わった企業もある中で昔の三金会のメンバー企業を見ていきましょう。第一勧銀が融資比率によってグループが形成されていきました。この当時のデータでメンバー企業数48社で1994年時計算で、資本金合計が3兆円越えで総売上高が55兆円以上、総従業員数が43万人という立派な数字ですが、三菱、三井、住友、芙蓉、三和をおさえて数字だけでは堂々のナンバーワンの最大組織でありました。文字とおり、中東諸国以上のGNPを稼ぎ出す企業集団であったいっても過言ではないでしょう。

第一勧銀グループ

  1. 第一勧銀
  2. 朝日生命
  3. 富国生命
  4. 日産火災海上
  5. 大成火災海上
  6. 西武百貨店

融資比率20%以上

  1. 三共
  2. 古川電気工業
  3. 安川電機
  4. 渋沢倉庫
  5. 日本ゼオン
  6. 本州製紙
  7. 旭電化工業
  8. 昭和シェル石油
  9. 共関農機
  10. 旭光学工業
  11. 日本コロムビア
  12. 勧角証券

融資比率15~20%

  1. 川崎重工業
  2. 富士電機
  3. 新潟鉄工所
  4. 横浜ゴム
  5. 日本重化学工業
  6. 日本軽金属
  7. 荏原製作所

融資比率10~15%

  1. 川鉄商事
  2. 東京ドーム
  3. 清水建設
  4. 協和発酵
  5. 日本通運
  6. 日立製作所
  7. いすづ自動車
  8. 旭化成工業
  9. 電気化学工業
  10. 神戸製鋼所
  11. 石川島播磨重工業
  12. 古河機械金属
  13. イトーキ

融資比率5~10%

  1. 川崎汽船
  2. 伊藤忠商事
  3. 兼松
  4. 日商岩井
  5. 富士通
  6. オリエントコーポレーション
  7. 川崎製鉄

融資比率0~5%

  1. 資生堂
  2. ライオン
  3. 秩父小野田

須佐 可夢偉
以上が三金会48社ですが、系列融資銀行では三和系の企業や三井系企業なども含まれています。

三金会2020年代現在の幹部企業

大和 乙羽
では、現代の三金会を見ていきましょう。脱退した企業もあるようです。時代とともに企業再編が進んでいったともとらえれますね?ここでは、基の企業グループと照らし合わせてみていきましょう。

渋沢系

  1. みずほ銀行
  2. 澁澤倉庫
  3. 清水建設
  4. IHI
  5. いすづ自動車
  6. 太平洋セメント
  7. 毎日新聞
  8. 帝国ホテル
  9. デンヨー
  10. 日新火災海上保険
  11. 第一生命保険

古河財閥系列

  1. 古河機械金属
  2. 古河電気工業
  3. ADEKA
  4. 横浜ゴム
  5. 富士電機
  6. 富士通
  7. 日本軽金属ホールデイングス
  8. 日本ゼオン
  9. 朝日生命保険

神戸川崎財閥系

  1. 川崎重工業
  2. JFEスチール
  3. JFE商事
  4. 川崎汽船

鈴木商店系列

  1. 神戸製鋼所
  2. 双日
  3. RSエナジー

勧銀十五社会系列

  1. みずほ証券
  2. 富国生命
  3. デンカ
  4. 安川電機
  5. 損害保険ジャパン
  6. 第一三共
  7. 王子ホールデイングス
  8. 資生堂
  9. ライオン
  10. 日本通運
  11. 東京ドーム
  12. 日本テレビ
  13. 読売新聞
  14. 西武鉄道
  15. 東京海上日動火災保険

その他

  1. 旭化成
  2. 井関農機
  3. イトーキ
  4. 伊藤忠商事
  5. 荏原製作所
  6. オリエントコーポレーション
  7. 協和キリン
  8. TBSホールデイングス
  9. 東京センチュリー
  10. 東芝
  11. トヨタ自動車
  12. 日立製作所

宮司 崇
三金会と呼ばれる主要企業ですが、みずほ銀行を中心としてメンバー企業も増加しました。しかし、他のグループ企業ともかねている企業もみうけられます。

 

参考文献:「最新版一目でわかる企業系列と業界地図」、大園友和著、日本実業出版社、1997年。

:wipipedeia「第一勧銀グループ」より参照

 

三和グループは、三和銀行を中心とした戦後に結成された三水会が有名

 

雑記ブログ「笑って人生」

Google-adsense

Google-adsense

-企業研究

© 2022 天職ブログ