転職事前準備

新卒採用と中途採用の違い?第2新卒など採用基準は、全く違う!

 

 

 

新卒採用と中途採用の違い?第2新卒など採用基準は、全く違う!学生から社会人になる新卒採用と仕事の実績を積んで転職する中途採用では、企業の採用の捉え方が違います。また、25歳前後の第2新卒と呼ばれる若手の労働力も最近は重宝されています。

 

 

 

新卒採用と中途採用の差はあるの?

 

 

 

 

神楽 仁

企業と呼ばれる会社は、日本にたくさんあります。

特に上場企業と呼ばれる一流企業群では年に一回の新卒採用が行われております。

学生は、労働条件や福利厚生面で優遇されている評判のいい企業に殺到するのが例年の通例です。

特に財閥系企業やTOYOTA、SONY,Softbankなど名立たる新興企業グループ群が軒をつらね、優秀な学生のリクルーテイングをします。

優秀な学生を新卒の段階で確保して独自の教育システムで幹部候補に養成し、未来の幹部候補生などを育てます。

 

 

また、時折、途中でその部署に必要な人材がいなかったり、新しい部門を設立した時に経験者を確保したい中途採用や就職後2~3年で会社を辞めてしまったが、社会経験のある第2新卒者などあらゆる労働力の確保に努めます。

こうした採用活動を通して企業は自社を運営することができ、経済活動を行うことができるように適材適所に人を配置するのです。

では、採用にはどのような種類のものがあるか?企業がどんな理由で採用しているか?ということに着目してみていきましょう。

 

鷹司 巫女

 

 

新卒採用の特徴

 

 

ハル
文字通り、大学や大学院などを卒業して企業に就職する学生のことを指しています。

一般に新卒採用とは、大学以上の学歴レベルの人たちを求めている企業の求人活動とも呼べます。

この新卒採用者を育てるまでに企業側も時間がかかります。

大企業ならゆっくり育ててもらえる環境が整っていますが、中小企業なら即戦力として扱われるところもあります。

 

 

じっくりと育ててもらえると評判のいい会社を選びましょう。

(例:財閥系企業(三菱・三井・住友・三和系・芙蓉系・一勧系など)や新興企業群(例:トヨタ・ソニー・パナソニック・ソフトバンクなど)に社会インフラ系(電力会社・ガス会社最大手・水道関連最大手など)。

こうした企業には人を育てる余裕があります。

じっくりと育ててもらい将来の幹部候補生として期待がかけられています。

榊 龍人

 

 

企業側から見た新卒社員の特徴

  • 1年に1度の採用
  • 企業の屋台骨を支える社員に育ってほしい思いがある
  • 1人前になるまでに社会人のマナーなど時間がかかる
  • 育ってしまえば将来の幹部候補生
  • 1人前になるまでに1年から3年以上はかかる。企業としては投資になる。
  • 最初に企業側が厳選して採用されている。将来に期待できる。
  • 人件費は安く抑えられるが、戦力になるまでには投資していることになる。

 

 

 

中途採用の特徴

 

 

蔵地 マイ

企業は、年に1回の新卒採用だけでは補えない労働力不足を確保するために必要な時期に随時、労働力を確保します。

その時に求められることは、基本的に即戦力としてすぐに働ける人です。

企業活動をするうえで必要な時に新たな部門などを開設します。

その時に社内だけでは到底人材を補えないことが良くあります。

そういった場合に専門スキルをもった社員を中途で採用して即戦力として活躍してもらえる人間を採用するのです。

 

 

 

企業側から見た中途採用社員の特徴

  • 不定期採用で通年を通して募集していることが多い。
  • 実績とスキルで選ばれる即戦力社員が多い。
  • 現有戦力として一刻も早く、今の業務をこなしてほしい。
  • 1人前の社会人として扱われる。
  • スキルや実績のある人は、人件費が高い傾向にある。

 

 

第2新卒採用の特徴

 

 

宮司 崇

第2新卒とは、新卒で会社に入り、2年から3年が経過して会社を辞めた社会人のことを指しています。

勿論、3年目の新卒社員が同業他社に転職した場合も第2新卒採用者として扱われることになります。

社会人として一定のルールなどは教育されているので戦力化が速いと期待される人材群です。

しかし、今まで勤めてきた会社でも一定の実績やスキルを求める会社もあります。

 

 

 

企業側から見た第2新卒社員の特徴

  • 社会人として基礎的なマナーが身についている
  • 業務の習得が早く、即戦力化できる
  • まだ若い分、人件費が抑えることができる
  • 今後の伸びしろに期待できる
  • 入社時のスキル不足も経験値で伸びる可能性がある

 

第2新卒社員でも歓迎されない社員

  • 1から社会人のルールを教えなければならない人
  • 前職でもある一定の実績などを残していない
  • 仕事が嫌いで転職してきた人には、また転職するのでは?という不安感がある。
  • 未経験者にはスキルは期待できない

 

 

新卒・中途・第2新卒採用のまとめ

 

 

大和 乙羽

一般に自分がどの採用にあたるのかを把握しておくのが必要。

ほとんどの方が中途採用だと思いますので、今まで行ってきた職務の実績やスキルを重視して採用されます。

今までと全く違った業種に変わった場合、1からの未経験採用という扱いだと思いますので、給料は、未経験者と同じ水準ですから賃金が安くなると思います。

 

 

須佐 可夢偉

要約すれば、どのような職種をどれだけのスキルでどのような実績を残してきたのか?が中途採用の基準だと思います。

キャリアのない転職は、キャリア採用ではないと考えていいです。

それだけ、企業が求めるスキルにあった転職をすることが双方にとって一番良い転職採用になるのではないでしょうか?

 

 

 

 

ココがポイント

中途採用されるならキャリアが重要!未経験の場合は、未経験採用となるために賃金は安くなる傾向。積み重ねた実績が評価される仕組みです。

 

 

 

企業人事の採用したい人!企業が見ている評価ポイントはどんなもの?

 

「笑って人生」(グルメ・ニュース・イベント・旅行・スポーツ等の雑記ブログ)

Google-adsense

Google-adsense

-転職事前準備

© 2021 天職de転職ブログ