転職事前準備

企業人事の採用したい人!企業が見ている評価ポイントはどんなもの?

 

 

 

企業人事の採用したい人!企業が見ている評価ポイントはどんなもの?採用される人と採用されない人がはっきりしています。企業側から見れば、自社が求めるスキル・ビジョン・チームワーク・人物像などが一致することが重要です。ターゲットとの一致は不可欠!

 

 

 

 

企業人事で採用したい人とは?

 

 

 

神楽 仁

企業は、常に事業を運営し続けなければなりません。

その間には、社員などの欠員がでたり、新規事業で人が必要だったりします。

そうした時に、企業は、必要な人材を求人することがあります。

そこでそうした求人時には、どのような人を採用したいのだろうかをまとめてみました。

企業人事側の考え方を見ていきましょう。

 

 

中途採用社員に求められること

 

 

鷹司 巫女

不足している人員や今後の事業展開に必要な人材を求めています。

経験やスキルが一定の条件であることが大前提!!

しかし、それ以外でも「きちんと仕事ができる人なのか?」、「職場の仲間や同僚たちとうまくやっていけるか?」、「仕事に対して意欲や熱意があるのか?」などといった点もポイントにあげ重点的に評価されています。

普段の行いや、評判なども意外とどこからか伝わってくることもありますから、転職する場合は、会社などの以前の職場から喧嘩別れでないことが絶対の条件かもしれません。

 

 

 

 

企業側の採用チェックポイント

 

 

ハル

実務面と人物面の両方が評価対象です。企業により重視する配分は異なるかもしれませんが、まず第一に実績が重視されます。

その後で、会社の風土に合っているか?会社の考え方にあっているか?といった人物面がみられます。

また、協調性を重視する人間性や、自分の考え方などを正確に伝えることができるコミュニケーション能力、そしてプレゼンテーション能力も重視されるポイントなのです。

同じ業界ならいろいろなところから情報が伝わってきたりするのも人事部のお仕事です。

意外とあなたの行動は、転職前にチェックされているかもしれません。

常日頃から、実績と人柄など努力を怠らないことが大切なのです。

 

 

 

 

転職年齢によって期待度が違う!!

 

 

 

 

榊 龍人
転職するときに20代で転職するのか?30代で転職するのかでは全く役割や期待度が違ってきます。

20代前半の場合と後半の場合でも期待度はかなり違います。

大きく分けてみると、20代の採用は、将来性に期待するポテンシャル採用と呼ばれる採用がメインです。

逆に30代では「即戦力採用」と呼ばれるすぐに業務に順応できる採用がメインなのです。

こういった考え方が根付いていますから、例えば、企業の未経験採用!未経験応募可能!といった求人の場合は、年齢が若い20代のうちに飛び込んでも良いかもしれません。

若いポテンシャル(可能性)に投資することで企業の業績も当たれば上がるのです。

 

 

 

 

 

第2新卒採用者にはどのような要素を求めているのか?

 

 

蔵地 マイ
ポテンシャル採用重視の会社では、第2新卒採用が盛んです。

第2新卒とは、社会に出てから3年くらいの社会人を指すことが多いです。

そのために、以前の仕事でどのような仕事を行ってきたのか?といった経験はあまり問うことがないのも特徴のひとつです。

しかし、経験年数が3年の場合、その仕事に対する実績や成果に加えて成長したこともアピールしなければ採用には至らない場合が多いです。

そして何より気になることが、新しい職場への熱意などのやる気が重視されます。

こうしたことをふまえて最初にどのような業界で働くと決めるのかを決めたほうがいいです。

 

 

企業が見ている評価ポイント!!

 

 

 

 

宮司 崇
企業の人事部が採用する人はどのような人を選ぶのかをイメージ的に述べました。

基本的にこの4つの項目に照らし合わせて採用活動をするのが本音です。

実際にこうして採用する人を見極めていますから、求められる人物像に近づくことが必要です。

特にすぐに職場に馴染める人や不平不満を言わないずに率先して何でも仕事をしてくれる人は、重宝されます。

 

 

 

 

 

求めるスキルを持っているか?

 

 

大和 乙羽

中途採用の場合、入社後の部署や仕事内容が具体的に決まっていないことが多いのが特徴。

つまり、こんな人が欲しいというイメージが採用側にはイメージで持っているのです。

その採用イメージに100%合わなくてもいいのですが、そのイメージに近いことが採用する企業人事側の持つイメージなのです。

 

 

 

 

社風に合っている人物か?

 

 

 

 

須佐 可夢偉

長年積み重ねてきている会社の社風は、急には変わりません。

企業によっても大きく異なっています。

例えば、外資系の企業と国内の大企業、国内の中小企業、国内の零歳企業では社風は別物です。

そうした社風にあった人物かどうか?という判断も人事部は見ています。

こうした社風にあった人でないと企業側も転職者も不幸になるのはよくあるケースです。

今までの培った経験値でこうした判断が行われます。

意外かもしれませんが、一つ大きな目安にもなると思います。

言い方を変えれば、高学歴者ばかりいる会社に高卒者は採用しないといったこともわかりやすいかもしれません。

あくまでも目安で実績や人物像で評価はかわりますが、一流企業なら一流の実績を残しておかない限り、入社することはかなわないということも多々あります。

 

 

 

 

会社のビジョンにあっているのか?

 

 

人事部は、必要な仕事があるから人を採用するのですが、ある一定の仕事を任せてその仕事が一区切りついたり、終了した場合は、全く別の仕事を任せる場合もよくあります。

一過性の労働だけでなく、将来的にも会社の戦力になれることが採用の基本条件でもあります。

自分が入社したい会社と方向性や将来のビジョンが一致するか?

よく考えてみましょう。また入社したいと思うなら、自分の長所をアピールしましょう。

神楽 仁

 

 

 

 

会社の中でうまくやっていけるか?

 

 

仕事は、ほとんどの仕事でチームワークが必要です。

実績があっても同僚たちや関連会社の社員の人たちと円滑に仕事がすすめられない人では、まず採用されることはありません。

特に面接で会社の悪口を言う人が嫌われるのは、同じようなトラブルが起きることを想定します。

また同様のトラブルが起きないのか不安ですからまず採用されることはありません。

鷹司 巫女

 

 

大きな会社では、グループ企業となってたくさんつながっている場合もあります。

そうした会社で人事部などに嫌われた場合、同様の同じグループではまず採用されることはありません。

それだけ普段から人物像が見られていますから、常日頃から社会人としての行動と言動をわきまえて行動しましょう。

 

ハル

 

 

 

 

 

即戦力採用とポテンシャル採用に対する企業の期待値はどのくらい?

 

 

「笑って人生」(グルメ・ニュース・イベント・旅行・スポーツ等の雑記ブログ)

 

Google-adsense

Google-adsense

-転職事前準備

© 2021 天職de転職ブログ