キャリアデザイン

IT業界の主な職種とその内容を解説!ステップアップを狙うならコレ!

IT業界の主な職種とその内容を解説!ステップアップを狙うならコレ!この業界にはいろいろなお仕事があります。ITコンサルタント・サーバーエンジニア・SE・プログラマー・ネットワークエンジニア・セキュリティーエンジニアなど目指す仕事をみつけよう!

 

 

 

IT業界

 

 

IT業界は、人の手で行われていたものを自動化する手助けをするお仕事といっても過言ではないです。例えば、一昔前は、伝票入力も手書きだったのに対して今日では主にパソコンを使って入力するのが当たり前となっています。

 

 

また、銀行などでもかなり古い昔は、すべて手作業でした。それがコンピューターを導入して入出金の管理などを行ったり、自動で帳簿作成をしてくれたりとかなり機械が自動的に事務作業を行ってくれているのです。

 

 

近年、耳にするIPHONEやアンドロイドなどで使用するアプリなんかもIT技術といっていいでしょう。すべては、IT技術によって人がやることを省いて便利な世の中にしていてくれるのです。ただ、仕事でITといったら情報技術がメインです。

 

 

情報システム社会の日本のあらゆる手間をIT技術を駆使して便利にしていき、情報システムを飛躍的に発展させてきているのがIT業界と言えるでしょう。ですが、近年は、ネットショップやクラウドソーシングなど様々なIT技術が発展しています。

 

 

そうしたインターネット業界も含めてIT業界と言われるようになってきています。

 

 

ITコンサルタント

 

 

 

ITコンサルタントは、大手のコンサルティング会社の特化した人が企業にITシステムの導入や提案を行う仕事です。

 

 

現代では様々なIT技術がありますが、その会社に一番良い手法を選んで業務効率化を推進したり、必要なアプリ開発に携わったりと幅広くIT技術に関与しています。

 

 

自分一人では抱えきれない案件では、チームを組みそれぞれ得意分野のコンサルタントを駆使しながら企業のIT関連問題・開発を推進・改善していくお仕事です。

 

 

最近では、新型コロナウイルスによる接触を減らすためにリモートワークも盛んになっていますが、こうしたリモートワークの仕組み作りもコンサルタントの仕事だとも言えます。

 

 

企業が抱えるITの悩みを解決するお仕事で専門知識や技術を必要とされる今が旬のお仕事です。

 

 

 

サーバー・エンジニア

 

 

サーバーとは簡単に言えば、ホームページやメールなどを表示するために格納するパソコンというイメージを持っておくとわかりやすいです。

 

 

そこから情報を出してホームページを表示したり、メールなどが保管されているものを読むことができます。昔の言い方をするならば、ハードディスクパソコンといったイメージでしょうか?

 

 

そこからソフトを使って色々な情報を出し入れします。例えば、自分で作ったブログやホームページも一度サーバーなどで管理します

 

 

必要に応じてネットワークを通じて表示してときますから、サーバーを通してしまっていたものを出して表示するといった感じです。

 

 

これからの時代は、こういったサーバーの保守運営が大変重宝されます。まさにネットワークの要ですから高度なスキルを要する職業です。そのため比較的高年収の人が多いです。

 

 

 

SE・プログラマー

 

 

お仕事では通常、企業案件が多いです。企業の経営などの情報システムを導入や改修することがありますが、この時に必要なのがシステムエンジニア(SE)と呼ばれています。

 

 

情報システムの企画・設計・開発・試験・構築・導入・運用・更新・修正・廃棄などのすべてを統括する技術者のことです。

 

 

そしてこうした情報システムを組むためのプログラムを組む人がプログラマーといわれ人気職種のひとつとなっています。

 

 

情報システムの場合プログラムを組む言語が一昔前はC̟⁺言語が主流でしたが、近年は多様な言語もあります。

 

 

プログラミング言語やソフトウエアなどの開発ツールなどを用いてコンピュータープログラムを作成・修正する人です。

 

 

 

 

研究開発

 

 

Research&Developmentの略称で企業では、科学技術や研究開発を行う人の意味です。現代のIT技術は目覚ましく進歩しています。

 

 

最近でいえばクラウドと呼ばれる技術もこの研究で生み出されたのでしょう。クラウドとは雲の意味で雲の中に情報を出し入れするようなキャッチフレーズを考えた人や流行させた人は賢いです!

 

 

こうした新しいITソリューションをつくる役目を担っています。それだけに専門技術がかなりハイレベルな人でないとできない仕事でもあります。

 

 

すべてのことを深く知っているか、ある部分に物凄く精通されている方はこの仕事を選ぶべきです!

 

 

ネットワークエンジニア・セキュリティエンジニア

 

 

企業などのコンピューターネットワークの設計・構築・運用・管理をする。サーバーエンジニアが構築したシステムを社内でネットワークを通じて使えるようにする仕事です。

 

 

簡単に言えば、通信機器でもルーターWIFIアクセスポイント・ネットワークスイッチ・ファイアーウオールなどを各種の通信機器を設置して設定する仕事です。

 

 

また、セキュリティエンジニアは、サーバーなどが外部から攻撃を受けたときや感染した時などに対応するお仕事です。

 

 

 

社内SE

 

 

企業で自社の情報技術の開発や調達運用など利用者をサポートする仕事です。自社の情報システムを企画するリーダー的存在で、必要があれば内注か外注かも決める。

 

 

その場合は、社内窓口として外注さんとの価格交渉や受注案件をやりとりする窓口にもなります。

 

 

 

電子計算機オペレーター

 

 

コンピューターを駆使して情報の加工処理(計算・分類・検索・集計・作表など)します。

 

 

またコンピューターを効率よく運用するオペレーターなので分電盤や空調などの管理もします。

 

 

多くの場合、企業の機密条項を扱っている場合も多く責任が大きい部署でもあります。

 

 

テクニカルサポート・ヘルプデスク

 

 

ITシステムに関する技術的なサポートをする仕事です。企業や個人から電話やメールなどの案件にも対応して技術的に支援する仕事です。

 

 

キーパンチャー

 

 

コンピューターでのデータ処理をする仕事です。特に技術は求められないが、入力スピードは一定のレベルが必要です。

 

 

 

銀行の仕事でキャリアデザイン!業務内容や職種などをわかりやすく解説!

 

 

「笑って人生」(グルメ・ニュース・イベント・旅行・スポーツ等の雑記ブログ)

 

 

 

 

 

 

Google-adsense

Google-adsense

-キャリアデザイン

© 2021 天職de転職ブログ