キャリアデザイン

メタルカラーとはどういう意味でつかわれるのですか?わかりやすく解説!

メタルカラーとはどういう意味でつかわれるのですか?わかりやすく解説!日本ではホワイトカラー・ブルーカラーという職制に区別されて使われる用語があります。そうした用語の1つにメタルカラーと呼ばれるメッキがはがれないような強い職業人を意味する場合に使います。

 

 

メタルカラーとは?わかりやすく解説!

 

 

 

日本では、職制度を表す表現の1つにブルーカラーホワイトカラーという言葉で表現することがあります。ブルーカラーは、作業着を着る仕事です。

 

 

現場や肉体労働がメインです。対するホワイトカラーは、ワイシャツを着てする仕事です。営業や販売・接客などの仕事などが該当します。

 

 

アメリカでは単に、管理職を行う人という意味でも使用されます。これらの言葉のほかにメタルカラーという言葉があります。

 

 

ある週刊誌にメタルカラーの時代という文章を掲載した作者がいますが、工業などの技術職の専門職などを表す言葉としても登場しました。

 

 

私の考えもこれと同一に近い考え方です。メタルという言葉の通り、メッキがはがれないような仕事やその人がいないとできない仕事などをメタルカラーと呼んでもよいでしょう。

 

 

例えば、理系の博士号取得者で企業の大切な研究職を開発する仕事についている人は、「メタルカラー」と呼べます。また、大学の教授などもメタルカラーといって過言ではないです。

 

 

要するに、メッキがはがれずに強い発言権や工業開発従事者・医薬開発研究者などをメタルカラーと私は呼んでいます。

 

 

ただし、条件があり、やはり修士号か博士号取得者などをメタルカラーと呼ぶのにふさわしいと思っています。その一方で、新規イノベーションをもたらす経営者などもメタルカラーと呼ぶべき存在だといえます。

 

 

メタルカラーの時代?

 

一方で、ソフトバンクの孫正義さんもこれからはメタルカラーの時代になるといっています。

 

 

この場合のメタルカラーは、AIというコンピューターのことを指しています。コンピューター知能を持つAIがこれからは自分で進化してものを考え創造していく時代になると予言されています。

 

 

私の考えでは、このAIを制御できるスペシャリストこそメタルカラーと呼べる職業だと思います。現在もヨーロッパなどの自動車会社では人間が車を組み立てる工程を大部分省いており、工業ロボットが生産ラインで活躍しています。

 

 

その一例がヨーロッパでも最大規模の自動車メーカーであるフォルクスワーゲングループでは、リストラクチャリングに成功しており、産業ロボットが大活躍しています。

 

 

このような例のように人の手を省き、AIと呼ばれる人工知能を持つ産業ロボットが生産現場の主役に躍り出ることは間違いないようです。

 

 

この時に、このAIを制御できる人材こそが真のメタルカラーの人材であるといっても過言ではなさそうです。益々、技術進歩が加速する現代で人間と機械との共存共生が実現する世界に変わります。

 

 

転職サイトで転職に成功秘訣!目標を具体的にもち明確にすることが重要!

 

 

「笑って人生」(グルメ・ニュース・イベント・旅行・スポーツ等の雑記ブログ)

Google-adsense

Google-adsense

-キャリアデザイン

© 2021 天職de転職ブログ