転職事前準備

実際に応募する企業を決める!夢は大きく現実的に進めていこう!

 

 

 

実際に応募する企業を決める!夢は大きく現実的に進めていこう!希望の職種や業種などに興味のもてる会社が見つかったり、どんなスキルの人が働いている会社か理解できたら、本格的に応募を検討してみましょう。自分が興味を持てる会社なら応募し、挑戦しよう!

 

 

実際に応募する企業を決断する!

 

 

 

 

神楽 仁

希望の職種や業種に興味のもてる会社が見つかったり、どんなスキルの人が働いているのかなどが理解できたら本格的に応募を検討してみましょう!

自分が何故?転職をしたいのか?夢をもって新しい仕事に挑戦しましょう!!

 

 

 

 

条件に幅を持たせて緩い条件で候補をピックアップしていく

 

 

鷹司 巫女

まずは、緩い条件で企業を選択していきましょう。

そして初めての転職なら業務内容・給与・勤務地などの条件にある程度の幅を持ってみると見つかりやすくなります。

憧れている企業などに応募することはいい挑戦ですが、ある一定の厳しいハードルを持たせている会社もあります。

特に不況下ではより転職は難しくなります。

応募先の選定企業は20から30社くらいになっても問題はありません。

気になる会社をピックアップしましょう。

 

 

 

私が、初めて就職するときには就活を3年生の時から行い始めて、約50社をピックアップしました。

そのうちに自分の学んでいる学部や学科などと照らし合わせ、さらに所有していた資格なども関連させれないかを検討しました。

結果、大企業など30社を受験し、見事!入社したかった企業に採用されました!!

物事は、やりたいと思う気持ちが大切なんです!!

神楽 仁

 

 

 

応募する企業を絞り込む

 

 

ハル
応募先企業が決まったら、実際に応募する企業を選びます。

複数の企業への同時応募は、求人側も理解しています。

1社に絞る必要はないのですが、現実的には複数の会社に同時に申し込みましょう。

基本的に3社から5社くらいがいいと思います。

特に重要なのは、募集要項などで疑問点を確認して、積極的に企業にアプローチしよう!!

 

 

入りたい会社に必ずしも入れる保証はありません。

会社にも一定のハードル設定している会社もたくさんあります。

そうした会社でも求めているものが一致した場合、採用されます。

募集要項からどういったものを求められているのか?ということは、きちんと考えて応募しよう!

鷹司 巫女

 

 

 

同業種転職と異業種転職

 

 

榊 龍人

同業種転職とは、今までと同じ職種への転職です。

一方、異業種転職とは基本的に未経験分野への転職となります。

「自分の時間がほしい」、「給与をあげたい」などといった条件面での転職希望の場合は、同業種転職がよいでしょう。

何故なら、今までのキャリアを売りにすることができます。

いわゆる即戦力社員ですから自分の売りを存分に発揮できます。

一方、同業種転職は、給与面などが下がる場合もあります。

未経験参入ですから初めての新入社員と同じ扱いになると思います。

特別な資格、例えば、税理士や社労士、公認会計士を取得したといった場合なら成功しますが、そうでない場合は、未経験分野での転職は、一兵卒扱いですから注意しましょう!!

 

 

 

 

正社員でない雇用形態

 

 

蔵地 マイ

最近では、正社員といった雇用形態神話は崩れていき、契約社員や派遣社員、アルバイト社員などいろいろな雇用形態があります。

希望職種でも正社員以外の募集はよくあります。

その場合、社員より労働条件は悪くなりますから確認しておくべきでしょう。

私のオススメは、絶対に正社員採用です!

何故なら、正社員ならボーナスがありますし、福利厚生、退職金制度などあらゆる面で普通の会社だったら優遇されるからです。

まずは正社員採用を目指そう!!

 

 

 

募集要項のチェックをしよう!そして企業へ応募しよう!

 

 

 

宮司 崇

転職する場合、やはりいろいろな募集要項が気になります。

その募集要項でチェックポイントをあげてみました。

これらのチェックポイントをしっかりと見極めて転職活動をしましょう!!

 

 

 

仕事内容のチェックポイント

 

 

大和 乙羽

募集情報では、給与や待遇などを気にしますが、将来を含めた充実度を考えるならポイントとなるのは、「仕事内容」と「応募資格」です。

仕事内容は、募集要項や企業研究から実際に入社した際にどんなスケジュールで1日の仕事をおこなうのか?ということをイメージしよう!

それができれば、自分の経験を素に取り組める仕事であるということです。

そうしたイメージができない場合は、その仕事での経験の情報が不足しているようですから、自分で調べるか面接時などに企業に問い合わせをするべきことです。

 

 

 

資格のチェックポイント

 

 

須佐 可夢偉

資格に関するチェックポイントは、例えば資格欄には求人したい人を書いているのだが、システムエンジニアと書いてあり、これが必要最低限の条件ですが、JAVA言語の経験があればなお望ましい。という資格欄です。

この場合、前者が最低条件ですが、後者は経験があればなお良いということです。

基本的には人物像を見る会社が多いですが、こうした条件面での資格に関する必要最低限のものの見極めは大切なことです。

またこれができるというアピール材料があれば資格の年齢を多少オーバーしていても採用してもらえる可能性はあります。

ここでは、JAVA言語もできC++言語などにも精通し、UNIXなども熟知している場合、システムエンジニアの幅が広がりますので重宝される可能性は高くなります。

もう少し簡単に言えば、弁護士資格などを持っていれば、すぐ法律事務所で採用してもらえる可能性が高くなります。

加えて民事訴訟法や会社法に強い弁護士ということで専門性が顕著になり、すぐに仕事を任せてもらえます!

 

 

 

企業への応募

 

 

蔵地 マイ
職種、業種、応募候補などの企業情報を調べて、募集要項で企業が具体的に求めている人物像が理解できたら、実際に応募する企業のリストアップ作業をしましょう。

 

大和 乙羽

初めての転職者の場合は、より多くの企業を候補にしてみましょう。

応募の際の疑問点は、メールや電話で問い合わせて早めに解決するといいでしょう!!

 

 

 

 

募集要項の読み方・内容と意味!募集情報の要素が集約されています。

 

雑記ブログ「笑って人生」

 

 

 

Google-adsense

Google-adsense

-転職事前準備

© 2021 天職de転職ブログ