ブログ

10代でやるべきこと。勉強・趣味・スポーツなど興味のあるものを学ぶ!

10代でやるべきこと。勉強・趣味・スポーツなど興味のあるものを学ぶ!それは、とても頭脳がいろいろなことを吸収しやすい時期なのです。この時期の行動や努力が結果的に人生の結果にもつながる大切な時期です。大事な時期だからこそしっかりとした習慣を身につけたい。

 

 

 

10代でやるべきこと!!

 

 

 

10代では、いろいろとやるべきことが多いです。人間はすぐに社会で活躍できません。産業ロボットや工作機械が生まれてからすぐに活躍できるのに、人間は社会で活躍するまでに約18年から22年もかかってしまいます。

 

 

この大切な期間にどのような生活をしてきたかで物凄く人生が変わってしまいます。つまり、10代の過ごし方が人生の答えかもしれません。稀にかなりの努力をして10代の負の遺産をくつがえして大器晩成する人もいますが、雑誌やメディアでとり上げられている人ってほんの数人程度です。

 

 

そうなんです、やり直しがきくと思っている人生だと思えるようにマスコミが面白がってとりあげているのです。実際は、人生の分岐点!!子供だけのせいではなく親の影響や生活環境・友人環境が物凄く影響する世代です。

 

 

ここでは、人格も形成されますからほぼこの時期の基本人格は大人になってもなかなか変わりません。とくに活発で元気な子でしたら例え学歴がなくても成功する可能性は高いです。逆におとなしくて根暗な子供は、いくら高学歴であっても社会で活躍できない可能性だってあります。

 

 

そうした人格形成期の10代は、とくに大切な時期ですからここでの選択はほぼその後の人生に影響します。わかっていてもなかなかできないのが人間です。しかし、わかっていたなら少しでも成功にちかづける努力をするそんな10代です!!

 

 

 

 

 

人格形成期その1・・・小学生

 

 

10代は、人格形成期とも言えます。勿論。0歳から9歳までの生活も影響します。その後10代といえば小学生の高学年です。母国語の日本語をほぼ理解できて、基礎的な物の考え方や芸術・文化・技術などについても学びます。そして社会生活に慣れるために集団教育を日本の義務教育では行っています。

 

 

公立の小学校なら皆が平等として扱われています。未来の日本の礎を支えるのですが、やはり元気に活発な子を育てるべく教育されています。しかし、中にはすべての人が活き活きとしてはいません。それは、親の事情です。生まれてから親を選ぶことはできません。

 

 

はっきり言いますが、親が馬鹿だと子供は素直に育つことができません。そして非行に走っていくのです。おおよその場合の原因は家庭環境だといえます。親がきちんと規則正しく礼儀正しく明るく元気な人であれば、世の中はほぼそのような社会になります。

 

 

しかし、資本主義社会では競争は存在します。その競争に敗れてひねくれれば子供は暗くひねくれてしまいます。すべてがそうではないですが、小学生時代の子供の人格形成は親の人格と家庭環境それに周りの友人の環境などの影響されてしまいます。

 

 

この大切な時期だからこそ親は注意深く子供を守りながら育てていくのがベストです。例えば、「いじめ」は、親の性格や家庭環境などには一切関係なく、子供の自我の中で自分が一番になりたいなど自意識過剰な子供がいたならそこから発生することもあるのです。

 

 

ですから、そのようなことになったなら親がまず全力で相手を打ち負かすくらいの保護をして守ってあげなければなりません。この時期の人格形成期にはとてもおおきな要因になりますから注意深く見守ってあげましょう!!

 

 

さて、子供の頃の習慣は、大人になっても続きます。きちんと規則正しく勉学を好み適度に外で遊び友達をつくるという基本なことですが、大切であることを理解させてあげましょう。そうすることで少しでも立派な人間になる可能性は高くなります。

 

 

また、子供は親を見て育ちます。暴言を吐く親の子供なら同じような子になってしまいます。社会人として行ってはいけない行動はしつけとして子供の前では見せないように心がけて生活しましょう。子供を育てる責任も親にはあるのです!!

 

 

 

ココがポイント

人格形成は小学校から始まっている。明るく元気な子に育てよう!

 

 

 

 

 

 

人格形成期その2・・・中学生

 

 

 

小学生が、社会生活の基礎を学ぶ場であるとしたら、中学生は大人になるための準備期間といえます。このころには思春期と呼ばれる感情の変化や自意識の芽生えなどさまざまな大人になるための自我が生まれる期間です。

 

 

勿論、社会生活を送るうえでもきちんとした勉強をして学ぶ。そして体力的に健康的になるために学ぶ。より一層の社会集団生活の訓練の場といっても過言ではないです。この時期も小学生と同様に親の人格や家庭環境・友人環境・周辺環境と物凄く影響しやすいです。

 

 

まじめな子が急に非行に走るといったこともこの時期にはあります。友達も選べません。その地区に生まれたらどのような人が多いのか?でもある意味決まっているかもしれません。住む地域によっても日本はアメリカみたいに選べる場所は少ないです。

 

 

やはり環境というのはとても大事なことです。是非、子供達には良い環境下で過ごせる地域などに住んでみるのもいいことでしょう。この時期は、小学生の人格形成期からさらに一歩大人としての人格要因をたくさん含んでいますから、元気で活発で好奇心旺盛でよく勉強する子供を育てるように頑張りましょう!!

 

 

小学生・中学生の子供の育ち方は親の責任も影響がかなりあります。子育ては難しいですが、決して気を緩めることなく全力で子供を応援支援しましょう!!中学校では、将来の職業選択をする第一の重要な決断の場面もあります。いわゆる高校受験ですが、こちらも選択次第で人生が変わる可能性があります。子供たちとどういったことがベストな道なのかをよく話し合っておくのもいいでしょう。

 

 

 

ココがポイント

中学生では、勉強などの生活習慣を身につけておくべき

 

 

 

 

 

 

人格形成期その3・・・高校生

 

 

 

 

日本では、中学校を卒業してほぼ9割以上が高校に進学します。高校生時代の過ごし方はさらに重要です。もうすでに15歳で中学を卒業して社会に出ている人もいるからです。ここでは、将来にどのようなことを学びたいかで選択肢が変わります。

 

 

例えば、文系と理系では全く別の選択です。文系とは何か?理系とは何か?やりたい職業を目指しておくことがベストな選択です。大学がすべてではありませんが、日本の企業は、学歴を見て学生をとります。ですから、まずはどういった選択肢があるのかをよく理解させておくことが無難な選択なのです。

 

 

ここではとくに親の影響が大きいとおおげさに書いてありますが、成人になるまでは親が子供を立派に導いてあげるのが親の役割です。とにかく虐待なんてもってのほか!!親が導きの師匠となって子供を全力で応援支援しましょう!!

 

 

そうでもしない限りなりたい自分にはなれません!ある一定の職業などは親がレールを轢いている場合が多いからです。10代の過ごし方が一生を決める!!と思って大切な10代の高校生活をバランスよく心地よく生活できるように導いてあげましょう!!ですが、周りの環境は重要です!!

 

 

環境次第で善と悪とに分かれるくらいです。とにかく毎日の会話を必ず心がけて日常で変化があるか?ないかを察知して問題を解決してあげましょう。勿論自力も必要ですが、未成年の場合、他力でもいいと思います。

 

 

 

ココがポイント

進路が決定するこの時期は、具体的にどのような学問はどのような仕事に就くのか?などいろいろと早い段階で教えてあげよう!また子供と一緒に勉強してみるのもいいかも!

 

 

 

 

 

 

10代の生活習慣で将来が決まる!!

 

 

10代は、やるべきことが多いです。社会生活や集団生活を学んでいるからです。また、大人になるまでに長いようで短い時間ですからこの時期の子供には親も全力で支援することが望ましいです。過保護と思われるかもしれませんが、悩みや問題があった時に子供の話を聞いて具体的にどのように解決したらよいかを導いてあげることが重要な要素なのです。

 

 

子供達は、子供同士で任せておけばいい。と思っていたら大間違い。子供同士の社会なんて理解度が低いですから危ないことだらけです。この時期から大人としての考え方を提示して具体例を提示して理解させてあげるとなおよいです。

 

 

一番重要なことは、子供が親になんでも相談できる親になっておくことが理想の子供像かもしれません。そして、生活習慣では勉学に慣れさせることです。この習慣は大人になっても役立ちます。習慣こそすべてかもしれませんが、やるべきことをきちんとしておく時期なのです。大切な時期をどのように過ごすかで人生は決まります!!

 

 

 

 

10代にやるべきこと

  • 明るく元気な子になる
  • 人前でお話しできるようになる
  • 好奇心旺盛になること
  • 大勢の前でもスピーチできる
  • 勉強の習慣をつけること
  • なりたい職業を探してみること
  • その職業になるためにはどのようなことを勉強しなければならないかを考える
  • なんでも親に相談できること
  • ひとまず誰とでも仲良くお話しできるようになること
  • 将来の目標を具体的に持つこと!!
  • 夢を持つこと!!
  • 健康でいること
  • ゲームはやりすぎない!

 

 

 

 

 

 

ココがポイント

夢を持つこと!!

 

 

 

 

 

10代で進路が決まる!!

 

 

 

私が何故10代で勉強することをオススメするかといえば、10代の頭が柔らかいときにいろいろと詰め込んでおくと社会に出て働きだしてから役に立つからです。それは、大学を卒業して企業に就職した場合に就職してからは、なかなか忙しくて勉強する時間がないからです。

 

 

そのために今までに詰め込んだ知識を利用して短時間で効率よく勉強することが可能になるのです。10代では、最大の選択肢が大学です!!この大学に入るか入らないかで大きく変わります。日本は、大企業が少ないです。

 

 

そうした良い条件と呼ばれる高額年収がもらえる企業に働くことで生活が安定するからです。そのためのレースかもしれません。大学で医者や弁護士になれば高額年収をもらえる可能性が高くなります。

 

 

そうした選択で人生80年と呼ばれる人間生活を豊かに生きるために社会に選抜され選ばれているといっても過言ではないかもしれません。そうした厳しいレースを勝ち抜いた人が、20代、30代、40代、50代、60代、70代と裕福に生活できるのです。

 

 

今のうちから職業別年収や企業別年収などの情報を仕入れておくのもいいかもしれません。今現在の日本の平均年収は総務省の発表では420万円くらいです。この年収では、一人で暮らすなら何とかなるかもしれませんが、二人で暮らすとなるとかなり厳しいかもしれません。

 

 

さらに子供が生まれればもっとお金が必要になります。しかし、大企業勤めでは、例えば商社マンですと20代で700万越えはざらです。証券マンでも20代で1000万円いく人もいます。そのくらいの年収ですと生活にゆとりができ、心にもゆとりができます。

 

 

勿論忙しくシビアな世界でストレスも多々ありますが、こうした暮らしを手に入れれば将来は安定するのです。お金があるのとないのでは全然違います!!要するにお金を稼ぐレースの為に学問を身につけそれを利用してお金を得るのです。

 

 

特殊能力がある人以外にはこの方法が一般的な考え方といえます。全力で10代を将来の為に捧げましょう!きっと良い生活を手に入れることができる!!そのためのできレースといえます。

 

 

 

ココがポイント

将来像の為に大学に入ってなりたい自分になるための10代です!

 

 

 

 

ココに注意

10代で怠けてしまうと将来得られる賃金は少ない!!気をつけよう!!

 

 

 

 

10代でも特殊な能力があれば大成する!!

 

 

 

一般論的には、一流大学を卒業して大企業に就職して定年まで働くというのが理想像です。しかし、特殊な能力があれば10代で才能が開花します!!

 

 

それは、アイドル・職人・自営業・会社経営者の子供・ユーチューバー・ミュージシャン・俳優・モデルなどです。アイドルは10代のうちがいいに決まっています。おばさんやおじさんになってから売れる人はほぼいないからです。

 

 

若くてキラキラしている時期だからこそ夢をかなえましょう!!若いうちは、男性として女性として最高の輝きをはなちます。美男美女なら芸能界で活躍することだってありです!!またルックスが良くなくても企画などでユーチューバーとして成功する人だっています。

 

 

そうした特殊な能力を早くから開花させれば10代で大金持ちということもあり得ます。日本ではほんの一握りですが夢を追いなりたい自分になることも成功への近道かもしれません!!10代の頃は、若さと勢いだけでなんとかなる場合もあるからです。

 

 

挑戦する意思を持ち続けていれば必ず成功する!やりたい道を究めてみるのも人生です!!

 

 

 

 

ココがおすすめ

夢をもってなりたい自分になるように努力する!

 

 

看護師の転職サイトならココ!子育て明けの再就職を探すのも大歓迎!

 

「笑って人生」(グルメ・ニュース・イベント・旅行・スポーツ等の雑記ブログ)

Google-adsense

Google-adsense

-ブログ

© 2021 天職de転職ブログ