面接成功法

面接でのマナーと態度は社会人の常識を問われるますからしっかりしましょう。

 

 

 

面接でのマナーと態度は社会人の常識を問われるますからしっかりしましょう。特に新卒採用の場合も当然ですが、社会人として転職する人ならできて当たり前のことができていないとその場面で評価されません。服装に言葉遣いはできて当然なので気をつけましょう。

 

 

面接のマナーと態度!できて当たり前なのです!

神楽 仁
私たちが最初に就職した会社の時にも面接はおそらく受けているのが一般的ですが、社会に出て常識を身につけてのぞむ面接では、社会人としてできて当たり前としてみられています。

当然ながら普段からの行動なども出てしまい、わかる人にはわかるのが面接です。

日頃から社会常識を身につけて行動しておれば何の問題もないことは当然のことですが、忘れている場合もありますのでもう一度入念にマナーなどを思い出してみましょう!!

 

面接に着ていく服装と持ち物

 

鷹司 巫女
一番大事なのは清潔感。男性はビジネススーツ。

女性もスーツ着用が基本です。

服装にこだわらない業界でもこのルールは変わりません。

応募者のレベルが同じだった場合は、第一印象が良いほうが採用されるからです。

 

持ち物は履歴書・職務経歴書など面接で提出を再度求められる場合に必要です。

筆記試験などがある場合や記入する書類もある場合がありますから必ず筆記用具を持参しましょう。(ボールペン黒・鉛筆2本・消しゴム・定規など)

 

ハル

榊 龍人

さらに、会社周辺の地図や連絡先、事前準備した会社の資料などを用意しておきましょう。

大企業の場合など良心的な企業では、交通費が支給されます。その際には印鑑も必要です。

 

 

面接官の話をよく聞き、わかりやすく話すこと

 

 

蔵地 マイ
面接官の質問の意味を素早く理解して、簡潔にわかりやすく説明しましょう。

面接官の話を聞き敬語を使うことも必須ですよ。

 

また、知ったかぶりはやめてください。相手は何百人以上も面接をしているプロです。

不誠実となる印象を与えることはよくないですよ。

わからない場合は、素直に「わかりません」と答えましょう。質問の意味が分かりにくい場合は、聞き返しても構いませんよ。

宮司 崇

 

好印象を与える面接中の対応

 

大和 乙羽
面接とは、企業が応募者を見るまたとない機会です。

また応募者も企業を知る機会となります。

緊張するのは仕方がないことだとは思いますが、応募者も企業も選んでいるという意識でリラックスして面接にのぞみましょう。

 

大声で大げさな身振りを交えて話したりする必要はありませんが、小さな声で消極的になるよりは身振りを工夫しながら相手と話すと好印象をもたれます。

社会人ですからマナー内での発言を心掛けましょう。

須佐 可夢偉

 

面接での知っておきたいポイント

 

神楽 仁
書類選考の次は面接が最後の砦!この場面での失敗は不合格になります。

普段から社会人としてのマナーを身につけておけばさほど問題ではないのですが、実際は忘れたり知らなかったりすることもあります。

せっかく面接に呼ばれたわけですから採用を勝ち取るつもりで臨みましょう。

興味のない人は面接まで呼ばれません。ここでしっかり熱意を伝えましょう!

勿論、マナーもしっかり復讐予習しましょう!!

 

服装のポイント

服装のポイント・・・男性

  • スーツ:紺やグレーでなくてもよいのだが、派手な色は避けましょう。
  • ワイシャツ:白が基本です。清潔感を出したい。カラーシャツなら薄めの色を選ぶ。柄のシャツは控えましょう。
  • ネクタイ:派手でなければ構いません
  • ズボン:折り目がついている方が綺麗に見えます。

服装のポイント・・・女性

  • スーツ:パンツスタイルでもよい、基本は落ち着いた色のものにしましょう。
  • ブラウス:派手な色やリボンがついているものは避けましょう。
  • アクセサリー:付けても問題はないと思いますが、シンプルなものにしましょう。
  • スカート:座った時に膝が少し出るくらいの丈が標準です。

話し方のポイント

話し方のポイント

  • 堂々と話して積極性もアピールしましょう。
  • 短くまとめわかりやすく話す。
  • 語尾まではっきりと発音する。
  • 面接官の質問を聞き、一方的に話をしないこと。
  • 敬語の使い方に気を払いましょう。

姿勢のポイント

姿勢のポイント

  • 背筋を伸ばして、椅子に浅く腰を掛ける。
  • 手は膝の上に置く
  • 足を組まない

表情のポイント

表情のポイント

  • 面接中の視線は、面接官へ向け、面接官が複数人いる場合は話をしている人に顔を向けましょう。
  • うつむいたり、視線をそらしたりすると自信がないと思われるので注意しましょう。
  • 基本的にリラックス。笑うことは悪くないのですが、決して大笑いすることは控えましょう。

身だしなみのポイント

 

身だしなみのポイント

  • 髪にはきちんとくしをとおしておき、つめも切っておく
  • スーツのボタンは留めておく
  • ひげは必ずそりましょう。社会人として当然ですが髭のそり残しに注意しましょう。
  • 女性の場合、化粧は派手にならない程度にしておきましょう。
  • 靴などは磨いておきましょう

 

神楽 仁
実際に、私も何百人という応募者と会い、面接をしました。ベンチャーでしたので外部のコンサルを2名、マナーコンサルタントと人事コンサルタントを味方につけ採用試験の面接に取り組みました。

二人のそれぞれの人材という観点とマナーという観点でどのような人物か?ということを見ながら採用していました。

面接だけでは見抜けないことは多いのですが、それでもしっかりとした基準をクリアしなければやはり採用には至らなかったと思います。

企業の人事によって選考基準は違いますが、とにかく常識的なことと、話し方や個性などは当日あうだけでどのように育ってきたのかおおよその見当がつくくらいです。

日頃から社会常識をしっかりと心がけて面接にのぞむことが一番の近道です!!しっかり準備しましょう!!

 

就職のコネの依頼②クラブの先輩や同郷の先輩へのお願いの仕方!

 

雑記ブログ「笑って人生」

Google-adsense

Google-adsense

-面接成功法

© 2021 天職de転職ブログ