キャリアデザイン

キャリアデザインとは?その意味や必要性をわかりやすく説明!!

キャリアデザインとは?その意味や必要性をわかりやすく説明!!自分の経験やスキルなどを考慮してその企業や職業で将来を想像して、自らの能力や特性を理解して仕事に活かすために、自らが主体的に設計して行動していく場合によく用いられる用語です。

 

 

キャリアデザインってどんな意味?

 

 

 最近は、大学などで2000年代からキャリアデザイン学部という新しい学部ができ始めてきました。

 

聞きなれないこのキャリアデザインってどんな意味で使われているのか解説します。

 

 キャリアデザインとは、「自分の経験やスキルなどを考慮してその企業や職業で将来を想像して、自らの能力や特性を理解して仕事に活かすために、自らが主体的に設計して行動していく場合によく用いられます。

 

 もっと簡単に言えば、「なりたい自分になるのです。

 

 なぜこのような言葉が使われるようになったのかを考えてみると世の中の構造が変化したことに気づきます。

 

何故キャリアデザインが必要になったのかを世の中の変化の事例を見ていきます。

 

 

キャリアデザインの必要性① 終身雇用モデルの崩壊

 

 

 日本では、1990年代にバブル経済が崩壊してから失われた30年と呼ばれる長期平成不況が起きていました。

 

このことから、従来の社会モデルである右肩上がりの昇給モデルや終身雇用制度といった企業の福利厚生の部分で大きな転換期をむかえています。

 

なにより終身雇用モデルが崩壊してしまったことで多くの失業者を出してしまう状態に。急にリストラされても次に仕事の当てがないという人もたくさん生まれていました。

 

こうした急や不測の事態に日本社会は対応しきれなかったのです。今までは、最後まで残れた人が、賃金カットの為にリストラされる人など高給取りから肩たたきが始まりました。

 

そして、想定外の事態を受け入れざるを得ず、何が起きても自分はこういったモデルでこの仕事をしているんだという人でないと生き残れなくなりました。

 

大企業では相変わらずまだ緩いようですが、中小企業やベンチャー企業では容赦ありません。

 

そうした事態にならないためにも常に主体的にキャリアを描いておく大切さが必要なのです。

 

 

 

ココがポイント

終身雇用モデルは崩壊した。今からリストラされないスキル磨きが必要。

 

 

 

 

 

キャリアデザインの必要性② 年金受給年齢が65歳からに!

 

 

 日本社会の政策の失敗で年金運用問題なども大きな問題です。もはや長生きする老人に払う年金でさえ財政は底をつきかけています。

 

そこで、政府は健康寿命が平均70歳であることに着目して年金受給年齢を65歳からに変更しました。これまで定年退職された昭和世代の団塊の世代は、60歳で定年退職して1年間くらいは雇用保険をいただいてそのあとに年金生活を送っていました。

 

勿論、日本の大企業では年金もある程度企業年金で賄われ一般の方よりは多くもらえます。そうした年金モデルの崩壊で雇用モデルも変化しつつあります。

 

今では定年退職後、65歳まで再雇用してもらえる企業がたくさんあるようですが、賃金面ではかなり降格するみたいです。

 

 例えば、IBMの部長クラスの社員が60歳で定年して再雇用されたときの給料が半額以下のB社員扱いの待遇になるからです。つまり、年収1500万円くらいの人が年収400万円くらいに一気にさがるのです。

 

そうした不測の事態に備えても年金運用の401KやDCなどの資産運用も考慮したキャリアデザインが必要なのでしょう。

 

60歳までにある一定の地位やスキルがあれば大学の客員教授なんかも狙ってもいいかもしれません。

 

 しかし、これは大企業の話ですから、中小企業やベンチャー企業ではもっと難しい展開になるかもしれません。そういった将来予測の必要性が必須社会となりつつあるのです。

 

 

 

ココがポイント

年金受給も65歳から。60歳から65歳をどう生活するかキャリアを描いておく。

 

 

 

 

キャリアデザインの必要性③ 企業のグローバル対応化

 

 

現代の日本は、戦後から資源の少ない国でした。資源が少ないので多くを輸入に頼るしかないのです。日本の工業資源はほぼ掘削してもあまり意味をなさない程度の埋蔵量しかなく、ほぼ輸入に頼っています。

 

輸入した資源を技術で加工して高付加価値の工業製品として販売しているのです。こうして貿易大国として日本は成り上がりました。そうなんです、貿易をするということは外国の人と取引をするということなのです。

 

日本語はグローバルな言葉ではありません。そこで英語などのグローバル言語での取引スキルも重要視されます。また、論文などは英語がメインですから海外のすぐれた論文を読むには語学力が必要です。

 

このスキルはその仕事に関連性がないと無意味と思われるかもしれませんが、最近では楽天株式会社が英語の公用化を掲げています。

 

長く高給で企業で仕事をするなら語学力とグローバル対応化は必須のスキルになっています。こうしたことからキャリアデザインの必要性が高まっているのです。

 

 

 

 

ココがポイント

企業で高給をとるなら語学力は必須のスキル。新たなキャリアを選択できる。

 

 

 

 

 

 

キャリアデザインの必要性④ 情報化社会

 

 

日本は、韓国や中国と比べて20年くらいインターネット技術が遅れているといわれていたのは、1990年代です。当時は、アジアの列強国でもIT技術はかなり後れをとっていたようです。

 

今では、それなりに高度情報化社会になりましたが、依然として中国のIT技術にはまだ追いついていないというところが現状なのでしょう。情報化社会では、コンピューターを操るスキルが求められます。

 

またコンピューターに命令を出す言語技術・プログラミングスキルなども重要視されます。2000年代に入って一番飛躍した産業ですから今後も情報技術を正確に見極める力を持っていないと企業で生き残るのは難しいかもしれません。

 

さらに、新しい産業であるために伸びしろやチャンスも多い分野です。IT長者などがたくさん生まれていますから、この機に情報スキルをキャリアデザインっていうのも良い選択かもしれません。

 

私の経験では、中国はあらゆるIT技術を駆使しています。国家プロジェクトでアメリカに行って名門大学で電子工学などを学んだ博士たちが中国で新しい分野の企業を多くしています。こうした華僑の精神も見習ってみると良いかもしれません。

 

 

 

 

ココがポイント

情報化社会ではITスキルの必要性が高い。プログラミングスキルなどもあればよいキャリアに!

 

 

 

 

 

キャリアデザインの必要性⑤ 高度職業専門化社会

 

 

日本人の多くが大学に進学します。大学を卒業すれば企業に就職できたり、資格を武器に職業に就くことだってできます。今日の日本社会は、高度職業専門化社会だとも言えます。

 

こうした社会では必要な知識を多く要します。そこで得た知識でさらに専門性を高めるといったことが可能なのです。わかりやすく言えば、お医者さんです。日本の医者は、資格があればすべてのことができるように教育されています。

 

おおよそのことは対応できますが、やはり専門分野に特化することで能力が発揮できます。心臓を専門にしていればずっと心臓に関してはプロフェッショナル級になっていきます。

 

逆に心臓のことばかりやっていて急に産婦人科に変わっても勝手が違います。つまり、進んできた職業によって専門性が高められる社会なのです。

 

そうしたことから自分の特技やスキルを主体的に考え活かしていくキャリアデザインが必要なのです。

 

 

 

 

ココがポイント

自分の特性を理解する。自分のスキルを理解する。自分のなりたい未来を想像する。

 

 

 

 

キャリアデザインをつくる目標管理設定

 

 

簡単にキャリアデザインって言っても将来どうなるかなんてわからないという人がほとんどだと思います。

 

近い将来どうなるかということに関して言えば、職場の同僚や上司があなたの何年後の姿なのです。

 

ですから、まだキャリアが描けないって思う人は、職場の飲み会に積極的に参加していろいろなお話を聞くことが重要です。

 

ここでの聞きたい話を聞きだすことは、今後のキャリアデザインを左右することになってきます。

 

飲み会は無礼講!!といった宴会気分だと思いますが、仕事の延長線上だと思って気を抜かずに接していくことが大切です。

 

貴方の普段の行動や飲み会での行動はしっかりとチェックされています。気を抜かずに仕事と割り切ってお付き合いしましょう。

 

別にお酒を溺れるほどまで飲まなくてもよく、ほどほどに飲んでおけば無難な日々も過ごせます。さて、キャリアを描くのは目標を設定しておくほうが良いでしょう。

 

1年後の自分はどうなっていて3年後はどうなっていると具体的に書き記すことでその期間までに達成できるかできないかで大きく変わります。

 

具体的なプランを掲げて達成する。ということから始めていくのもいいキャリアデザインのスタートアップだと思います。

 

 

 

 

ココがおすすめ

将来像を具体的に掲げてみる。目標を設定しておく。

 

 

 

 

目標を管理するためにやるべきこと

 

 

 

キャリアデザインの目標管理はまず自分を知ることからです。自分がどういったことをできるかなど詳しく分析することも必要です。

 

 

step
1
自分を知ろう

 

 

  1. 過去に自分がどのような学校にいっていたか?
  2. 仕事をした業務はどのようなことか?
  3. 知識・資格・技能はどんなものがあるか?
  4. ビジネススキルはどのようなものか?
  5. 困難時にどういった対応がとれるのか?
  6. 仕事で一番槍買いがあったことを思い出す。
  7. 仕事で嫌だったこと

 

 

step
2
周りからの評価で今の自分を判断する。

 

 

  1. 今の自分が職場の上司や先輩から期待されていることを聞き出して書きだす。
  2. 今の自分が同僚や後輩から期待されていることを聞き出して書きだす。
  3. 顧客がいる場合、お客さんからどのような期待が寄せられているか聞いてみる。
  4. それらをあわせて今の自分に求められているものを書き出す。

 

 

step
3
将来の目標やなりたい自分を描き出す。

 

 

  1. 将来の目標をできるだけたくさん書き出してみる。
  2. なりたい自分の姿をできるだけたくさん書き出してみる。

 

 

step
4
キャリアを描いてみる

 

 

  1. 将来の目標となりたい自分の目標から細かく目標を設定する。
  2. 1年刻みでどんな仕事でどんなポジションでどんなスキルをもって仕事をしているかを想像。
  3. 3年刻みのスパンで今の業務でどんなポジションでどんなスキルをもって仕事をしているかを想像。
  4. 5年刻みで仕事に対する役職についているかの目標を立てる。ダメだった場合どのスキルがなかったか?何が足りなかったかを再考してみる。
  5. 10年刻みで仕事に関する長期的目標を設定しておく。現実的な目標がよい。

 

step
5
今の自分が目標を達成できているかを確認してやるべきことを全力で行う。

 

 

ここまで立てた目標管理が正しくできているかをチェックする。必要なら何が足りなかったかを考える。まずは、やるべきことに焦点をあわせて全力で仕事に取り組む。

 

 

 

 

 

ココがポイント

仕事の成果は急には上がらない。焦っていても事を仕損じることもある。与えられた業務をそつなくこなし続ける忍耐力も必要!

 

 

 

キャリアプランニングのプロセス

 

 

キャリアプランニングのプロセスは、良く仕事で用いられるPDCAを用いると便利です。

 

Pはプラン(計画)、Dはdouドゥ(実行)、Cはチェック(評価)、Aはアクト(改善)です。ビジネスマンはこのPDCAを用いて仕事をしています。

 

 

 

step
1
自己評価

自己分析

step
2
自己開発

自己分析した結果不足しているスキルを補う

step
3
自己開発の追求

自己開発で自分がその道でトップになるためのスキルを理解する

step
4
行動計画をたてる

行動計画を主目的にちかずける

step
5
アクション

目標を実行できるように行う

 

 

ざっくりと例をあげましたが、PDCAは別に順番通りでなくても大丈夫です。PCDAでもできますし、他のパターンでも経験値になります。

 

とにかく目標は大きい目標と小さい目標をたてましょう。小さい目標をクリアすることによって大きな目標が達成できます。

 

肝心なのは、今の自分をしっかりと自己分析することから始まります。甘く目標をたてるのも良いですが、うまくいかなかった場合はこの自己分析が間違っていたり、自己開発ができていなかったりします。

 

目標をたてて実行して達成する習慣をつけましょう。そこから問題意識が見えてきます。今までに気づかなかったこともあるはずです。

 

問題は山積みのようにあるのが人間という生き物です。慌てず冷静に分析実行すれば確実なキャリアデザインを描けるでしょう。

 

 

 

 

 

ココがポイント

小さな目標をたて達成する習慣をつける。大きな目標を達成できるようになる。

 

 

労働は、職業・職種・雇用形態によって賃金には格差が存在します。

 

「笑って人生」(グルメ・ニュース・イベント・旅行・スポーツ等の雑記ブログ)

 

Google-adsense

Google-adsense

-キャリアデザイン

© 2021 天職de転職ブログ