キャリアデザイン

人生の選択で天職をみつけると良いキャリアデザインが描ける!

人生の選択で天職をみつけると良いキャリアデザインが描ける!私たちが生活するうえで一番重要なことは仕事です。就く仕事によって人生ががらりと変わることもあります。良い天職ってあるのでしょうか?そんな仕事についてどんな道になるのか?を考察しました。

 

 

 

天職を見つけることが良い人生を過ごすうえで重要!

 

人生って本当に長いです。

 

 

このブログでお伝えしたいことは、職業などを選ぶ重要さとその道を歩んだらひたすら努力しないと高収入が得られないという職業による賃金格差のお話です。私がこれまで経験したり聞いたりしたことを要約してお伝えします。

 

 

今読んでくださる読者が今後、間違った道を歩まないためのアドバイスをしたいと思いブログにしました。

 

 

オギャーと生まれてから死ぬまでの平均寿命が厚生労働省の統計で平成22年度のものを見れば、男性で79.64歳。女性で86.39歳となっています。

 

 

私たちが一生の間に働くことが可能な労働生産年齢は、15歳~65歳と仮定されています。

 

 

つまり早い人で15歳中学校を卒業してから働く人と大学や大学院などを卒業してから働く人など様々な職業選択肢があります。

 

 

例えば、中学校を卒業してからの一生涯賃金と大学を卒業してからの生涯賃金はかなり差があるといわれています。

 

 

しかし、現代の副業など何でもありの社会では、学歴があまり関係なくなってきたとも思えるようにもなってきました。

 

 

一昔前は、大学卒業が絶対条件でしたが、今では対人能力を重視することもうかがえます。いくら良い大学を卒業しても人として仕事でつかえない場合もよく耳にします。

 

 

勉強ばかりがすべてではないですが、勉強して医師や弁護士などのプラチナ資格を入手してキャリアを磨き続ければ高収入が安定して入ってくるのです。

 

 

ローマは1日してならず」という古いことわざがありますが、人生もまた1日では大成できないのです。

 

 

職業を選ぶことの大切さ

 

職業である意味人生が決まってしまうといっても過言ではないです。

 

 

それは職業によって得る賃金が違うからです。

 

 

賃金はもちろん高いほうが良いに決まっています。高収入だと生活にゆとりができます。

 

 

結婚・育児・家を建てる・マンション購入・車購入など生活面で大きなアドバンテージがうまれるのです。

 

 

この賃金の高さがゆとりある暮らしを支えてくれるといっても過言ではないです。職業別にみれば高収入の職業って限られてくるのがわかります。

 

 

 

step
1
医者や弁護士になってよい生活をする。

 

勉強に物凄い労力が必要ですが、なってしまえば鉄板の好職業です。

平均年収も高く日本では、花形職業と言われています。

その分、難関試験に合格しないと入れない大学などハードルは高い。

 

 

step
2
大企業に就職して辞めずに仕事を続ける。

 

医者や弁護士まで行かなくとも難関大学を卒業して希望の大企業などに就職する。

大企業の賃金モデルはまだくずれていないので、出世すれば好待遇の給与水準も。

係長クラスから給料が一気に上がっていきます。

しかし、大企業と言っても業績好調の企業ではないと好条件ではない場合も多い。

財閥系の企業や商社の親会社に就職すれば間違いなし。

しかし、長年働かなければならないのでコミュニケーション能力は必須。勤勉ぶりも必須です。

 

step
3
専門職を極めてその道のプロを目指す。

 

例えば、プロ野球選手やプロサッカー選手などのスポーツ選手も寿命は短いが大金を手にすることも可能。

超一流になれば年収億越えは期待できる。

それ以外にもパティシエや料理なども道を究めれば自分で開業でき多くの財さんを手にすることも可能。専門職職人。

 

step
4
専門知識を身につけ地道に資産を増やす。

 

一般サラリーマンや肉体系の労働者と言われるブルーカラーの人たちでも毎月定額を資産運用すれば地道に資産作りができます。

少ない給与を毎月どれだけ運用に回すかも気になりますが、専門家との良い出会いがあれば資産をつくることは可能。

家だって地方なら購入できます。

 

 

step
5
努力を辞めのんびりと仕事をする。

 

人生に疲れたなら、ゆったりマイペースで仕事ができる選択肢も!!

営業でノルマノルマの叱責から解放されるなら手っ取り早く工場労働者か肉体労働者に!!

ボーナスは低かったり、支給されなかったりする場合もありますが、心が折れない程度に肉体を動かしてぐっすり睡眠をとり健康になる。

 

ここでお伝えしたいことは、職業によって収入は変わります。

 

 

ココがポイント

賃金は職業によって決まる。

 

 

職業はいつからでも選択可能!転職したってプラスならオッケー!

 

 

これは私的な考えですが、人生の選択肢って選べる幅が多いほど楽しいです。

 

またお金をたくさん持っているほどやりたいことができるのです。

 

今まで努力を怠ってしまった人だってまだまだチャンスはありますよ!

 

いまだ!と思ったその時からでもリスタートは始まります。

 

わたしが好きなのは、笑ってトラベルのなかじくんです。

 

彼は、高卒で土木作業に従事していたみたいですが、毎月20万円という給料に嫌気がさしました。

 

そんな時にブログの師匠と出会って今では月収100万越えという素晴らしい人生を送っています。

 

そんな選択肢もたくさんあるのが人生です。

 

ここぞというときに徹底して極めて追求すれば可能性だって無限大です。

 

その時に出会う師匠なども重要な要素になりますが、今までの培った人生経験で良き師匠を見つけることも重要です。

 

 

人生や職業はいつでも変えることが可能!ここぞというときにしっかりした実力がついていれば実力が発揮できる。

 

 

step
1
仕事で今の賃金に不満があったらすぐに周りに聞いてみよう。

 

仕事を始めてみてもなかなかあがらない賃金!

給料って毎月毎月決められていてなかなかあがらない!

日本社会のモデルでは、長い年月をかけてゆっくりと上昇します。

そのために辛抱できない人は仕事を変えてしまう場合も多い。

今の会社の上司が先輩と思って10年後の自分がいくらくらいもらっているかを想像できます。

勿論、肉体労働者なんかはずっと変わっていないという場合の人が多いです。

周りの人とお話ししてどれだけもらっているのかを聞いてみるのも有効策です。

自分の未来像が見えてきます。係長ならいくらくらい?課長ならどのくらい?と想像してみましょう。

 

 

step
2
自分磨きのスキルを身につける

 

会社によっては、資格手当がもらえる場合もあります。

多くの社会人が就職して考えだすのが、資格です。

資格を身につけて賃金アップさせたいと思っている人がほとんどだと思います。

緩い賃金上昇カーブなんて嫌だ!という若い人たちが必死で勉強すればきっとなりたい職業になれるチャンスもあります。

特に最近ではWEB系のスキルを身につけて賃金アップや転職を目指す人も多いです。

実際にプログラミングスクールでスキルを身につけてから転職してユーチューバーやブロガーに転身していった人たちも多々います。

ごく一部ですが、月収100万円以上を超す収益を上げる人たちも多いみたいです。

 

 

step
3
スキルはたくさん身につけておくといざというときに役に立つ

 

スキル磨きは役に立たなかった?と思うこともある人はいます。

しかし、いろいろなスキルを磨き上げて自分の中に積み上げておけばその経験がいざ仕事の時に役に立つことがあります。

最近では英語学習による英会話能力や翻訳能力なども磨きをかけておけば仕事で急にという場合もそういえば英語が話せるんだっけ?ということからチャンスが転がってくることも。

また日本は貿易大国ですから海外から資源を輸入してそれを加工して商品を売ることで日本は繁栄してきました。

貿易は島国にとっての生命線ですから、英語と言わずに韓国語や中国語も磨いておけば役に立つチャンスもやってくるでしょう。

多くのスキルを身につけておいて損はしません。

 

 

ココがポイント

就職や転職するなら資格やスキルを持っているとアドバンテージが得られる

 

 

天職に出会うために若いうちからしておくべきこと

 

日本経済って本当に脆弱です。

 

それでいて意外としぶとい。そういった感じです。

 

日本の企業は、財閥系企業などの大企業と呼ばれるグループが6つあり、それに新興企業と呼ばれるトヨタ・ソフトバンク・楽天などの巨大企業グループがあります。

 

そのうち日本の富の半分以上を独占していると思われるのがこれらの巨大企業です。

 

ですから、大企業に入っておけばまず、間違いないといわれる理由はココにあります。

 

しかし、大企業に入社するにも学歴や試験に通らなければ入ることができません。

 

ほぼ大企業は学閥も関係しているみたいです。

 

良い大学を卒業して良い人物なら選べる企業という選択肢はたくさんあります。

 

若いうちから努力をしてコミュニケーション能力を高めておく訓練をしておけば、自然と出世コースにのっていきます。

 

ただ、企業によっては過酷な労働時間超過やパワハラ上司などもいますから地雷を踏まないように謙虚に仕事をこなす要領が必須となります。

 

この辺りもうまくコントロールできればいっそサラリーマン街道を歩むほうがいいでしょう。

 

なにせ定年後の企業年金などの手当てや保証と言った福利厚生に関しては大企業の福利厚生にかなう中小企業はほぼないです。

 

そうしたことから、若いうちにいろいろな努力をする訓練をしておけば将来的に役に立つでしょう。

 

step
1
小学生のころから仕事へのレールは決まっている。

 

 

英才教育って聞いたことありませんか?

小さいうちからいろいろなことを叩き込む教育です。

例えばプロサッカー選手の久保建英くんのようにバルセロナという超一流の下部組織で経験を積み上げ実績を重ねる。

そうすることでさらなるスキルアップが図れます。

一般の方もまずは、勉学というところからはじまるのでしょうか?医者を目指す家庭なら幼稚園から勉強しています。

実際に近所の子でしたが、医者になると宣言していましたが、本当に医者になっています。

振り返れば、ものごころがつきだしたころから毎日、塾や習い事の日々でした。

小学校は公立でしたが、中学校から私立に通いだし、猛勉強の末、医者になったという風の便りで知りました。

まず、あなたが、若いなら今から死ぬつもりで勉強するのも良いことです。

猛勉強すれば人生が成功するわけではありませんが、ある程度の知識の詰込みがあなたを助けるからです。

若いうちからいろいろなスキルを身につけることで無限の可能性が生まれてくるでしょう。

 

 

step
2
後悔しないためにもスキルを身につける土台を固める

 

 

なぜ若いうちが良いかってことをずっと話しています。

その答えは簡単!若いうちならやりたいことに全力で力を注ぐことができます。

また、色々な知識があれば新しいことにだって頭痛になることもなくなんなく取り組めることができるからです。

日本やアメリカの名門校や国公立大学ではリベラルアーツという全分野での知識習得が必須です。これは、将来あらゆる事態に対応できるための下地だと思ってください。

何かあった時にこれら学んだ知識があなたを救ってくれるのです。

私も今まで多くの勉強をしましたが、ブログを書くなんて思ってもいませんでした。

ブログを書くことだってそれなりに知識がないとわからないこともたくさんあります。

いきなり無知識で始めようとしてもきっと挫折するかもしれません。

そうした時に、今までため込んだ知識がブログ運営の基礎知識になっています。

若いうちから知識をため込んでおくということはとても素晴らしいことなのです。

 

step
3
人見知りをせずに誰とでも話せて人前で話せるようにする。

 

これは、ビジネスでは必須のスキルです。

またどんな職業でもそうですが、人と上手に話したりすることができなければ仕事はうまくいきません。

このコミュニケーション能力は侮ってはいけません。

私が、これまで学歴や特殊なスキルを磨けと言ってきましたが、このコミュニケーション能力がずば抜けていればそうした要素が必要なく社会で通用する人もたくさんいます。

一般的にモノを売る物販だったり、会社の商品などをつなぐ役目の営業だったりする人は、学歴がなくてもコミュニケーションスキルだけで年収1000万円以上を稼ぐ人はたくさんいます。

人と真摯に向き合って信頼を勝ち得る人ならば、上手に世渡りすることも可能です。

逆に学歴が良くてもこの能力が下手だったために仕事がうまく回らずに信頼してもらえないということはよく聞きます。

ですから、人との上手なコミュニケーションスキルを磨くということが一番重要なのかもしれません。

 

ココがポイント

人生でうまく生きるためには、学歴・特殊スキル・コミュニケーション能力が高いほどいい。

 

 

天職を見つけてキャリアデザインを描く!

 

 

最初に話したことは、天職探しの為に必要なことや準備といった要素が多いですが、ここでは、すでに成人されて就職したり転職を真剣に考える人の為に仕事によるキャリアデザインについて自分の見解を述べたいと思います。

 

天職を見つけるって本当に難しいと思います。例えば、なんとなく高校を卒業して働いたとしても事務職なんかでは退屈だったり、賃金が安くほとんど昇給もなくモチベーションが下がってしまう人もいます。

 

また、大学をなんとなくでて就職しても学生気分が抜けずになかなか職場の雰囲気になじめずに辞めていくケースも後を絶ちません。はっきり言ってもったいない。

 

せっかく勤めた会社を辞めるなんてというのが私の本音ですが、肌に合わなくていつまでもしがみついていてもそれこそ気もおかしくなる人だっています。

 

働いてみてわかることは、皆がお金を稼ぐために仕事をしているということです。目標をはっきりと決めて何をしてお金を稼ぐか?どのような会社や職業でお金を稼ぐか?で今後の歩んでいく道が変わってきます。

 

なんとなくの目標設定ではすぐに挫折感を味わってしまいます。様々な人から情報収集をしてどういったことを目指すべきなのかを真剣に考えておくと仕事に対する考え方が変わるはずです。

 

楽してお金は稼げない。遊びでお金は稼げない。何をしてお金を稼ぐことが重要か?そうした目標をもって仕事を選択することが賢明です。

 

ココがポイント

どんな仕事をしてお金を稼ぐか?

 

 

天職に出会うのではなく天職にする

 

 

本当にやりたい仕事って見つかるの?答えは簡単。最初からなりたい仕事のために学校に行き勉強します。

 

その後どんな仕事があっても対応できるように訓練するのが学校です。世の中にはたくさんの職業があります。

 

営業・工場・販売・運搬・製造・サービスなどあげればきりがありません。営業でも何の営業か?でジャンルが全然違います。車の部品の営業と車の原料の営業では全く違います。

 

それぞれの分野で専門知識や業界用語などが使われますが、そうしたことを一通り覚えて一人前になるのが大企業では約3年くらい。中小企業では1年くらいが目安です。

 

それくらいの年月をかけてようやくスムーズに仕事ができるようになります。こうした最初に勤めた会社でどんな会社でどの部署でどのような仕事をしていたか?ということが天職ではキャリアになります。

 

車のねじ専門会社の営業で5年勤めたといことになればおおよそ5年のノウハウがあると思うのが普通です。こうして今まで培った職歴がキャリアとして積み重なっていくわけです。

 

同業他社などに転職した場合は、このキャリアはもちろん重視されます。さらに、大口の取引先の顧客をつかんでいて転職先の企業も顧客開拓を託したいという場合であれば、一応裏切り行為にはなりますが、立派なキャリアステップになります。

 

こうした顧客開拓と言った分野でのキャリアデザインが描かれるのです。同じ仕事を長年繰り返すことでステップアップしていき最初は嫌いだった仕事もコツをつかめば徐々に仕事が天職になっていきます。

 

培った経験が大きな財産になりますから新たにスキルアップを目指し、課長・部長と昇進しスキルアップを図り、役員や副社長などにステップアップしていくのが現実的で理想的なキャリアでしょう。

 

またそのころには完全に天職になっていますよ。私は、アントニオ猪木さんの引退試合の挨拶が大好きです。「この道を進んだらどうなるのか?迷わず行けよいけばわかるさ!」

 

アントニオ猪木さんがプロレスが天職であったという証拠ですね。その道に入ったら突き進んで極めてみるのも天職ということです。

 

 

天職に出会わずに疲れてしまった人にはオススメの職業!

 

 

世の中には本当に多くの仕事や多くの職種があります。なかでも事務員って本当にたくさんの人が勤めます。そうこうしていると事務員さんでもかなりの割合で病んできてしまう人もいます。

 

初期症状ならまだしも重症化すれば取り返しがつかない事態にもなります。意外と事務職ってストレスがたまるんですよね。合う人には合うのですが、合わない人にはあいません。

 

また、職場にパワハラや叱責癖のついた人が放置されていたらたまったもんではありません。他人に叱責されるだけでもおかしいからです。日本人は平気で他人に怒鳴りつけることがありますが、外国では100%犯罪になります。

 

普通に考えて職場の人に怒鳴りつけられただけでも次の日からやる気もなくこわごわと仕事をする日々に変わる人もいます。今でこそある程度シビアになってきましたが、犯罪行為には遠慮せずに警察や労働基準監督署に相談しましょう。

 

会社に損害も与えることなく叱責されることがおかしいのです。多少のミスでも話し合いで解決するはずです。とにかくこうしたことがあるから内勤はたいへんなのです。そうした場合、気持ちとキャリアを変えることも良い選択肢だと思います。

 

事務員から工場やドライバーになった人も多く聞きます。ドライバーも長い時間拘束され賃金も安いですが比較的他人の干渉にはほぼあいません。人間関係が嫌になったり、寝つきが悪くなったりした人は、体を動かす仕事をすることも1つの手です。

 

寝不足の寝つきの悪かった人が肉体労働に変えたところ、悩みは減ったが、肉体的疲労が増え毎晩ぐっすり睡眠できるといっていました。そうした工夫も人生では必要になってくる場合もあります。合わないと思ったら、方向を変えてみるのも良い天職かもしれません。

 

ココがポイント

職場の人間関係にストレスを感じたら思い切って方向性を変えることも天職の1つ。例えば、転職したり、肉体労働や工場労働に変わってみるのも方法です。

 

 

ココがおすすめ

一人でできる仕事を探すのも天職。営業の外回りは、要領さえ覚えれば独り立ちできる。また、宅配便などのドライバーも一人でコツコツする仕事。

 

 

なぜ若いうちが良いかを考える?年をとったらなかなか使ってもらえない。

 

天職を見つけ出せなかった人は、かなり生涯賃金が低い傾向が見られます。多くの場合、日本企業では、転職年齢にも制限がかかっているためです。

 

また、日本社会構造上先ほどお伝えした通り、大企業に入って良いキャリアを描かなければ、なかなか良い天職にはなりません。良い企業に入社してから少しずつ自分の将来設計をしてスキルアップをしてプランニングをしたり自ら道を切り開いていくことがその道のキャリアデザインと言えます。

 

言い方は、悪いですが、最初に大企業などに入れなければ日本という国は非正規社員にされる場合が多く、同じ仕事をしていても賃金格差が大きいです。

 

簡単に言えば、いつでも使い捨て出来る社員ですから不況時にはすぐ解雇されます。そうすることで負のスパイラルに陥ってしまいます。そうしたことを将来避けるためにも若いうちから努力することを推奨しています。

 

非正規のスパイラルに陥ってしまえばそれこそ結婚するとか家を建てるとかマンションを買うといったことはほぼ難しくなります。将来の希望すら持てなくなります。そういった事態を避けるためにも常日頃からどういったことでお金を稼ぎどういった道を歩むのか?といったことをシュミレーションしておくと良いです。

 

日本企業は、転職30歳までが事実の許容範囲です。35歳までという説もありますが、35歳の新人が25歳の3年前後の一人前に教えてもらう姿を想像するときにあなたは何を思いますか?

 

おじいさんやおばあさんって物覚え悪く不器用だな?と感じることが多いようです。ここでも積み重ねたキャリアによって選択肢は違います。前者の話は全くの新しい仕事で後者の場合は同業だとします。

 

後者は、業界の仕事の仕方は慣れていますが、その会社の仕事の仕方には慣れていません。そう転職するときに一兵卒として転職するのか以前の年収水準を少し上回るかそれ以上の場合の転職とでは訳が違います。

 

ですから、転職するときは十分な注意とはっきりとした自己主張が必要です。

 

さて、次に40歳からの転職や50歳の転職って想像できますか?おそらく勤め先の企業が倒産したりリストラされない限り転職はしません。40歳以上の転職はよいほどハイキャリアで企業経理のプロだったり、経営企画のプロだったりしないと転職は成功しないといえます。

 

一部にはたぐいまれなコミュニケーション能力を使う人もいますが、年齢を重ねてからの転職は失敗する例が多いです。そういった場合は、人手不足産業にはいるのも手です。運送業界は賃金が安く長時間労働のため常に人手不足です。

 

そうした場所に飛び込めば、賃金水準は低いですが、緩く長く仕事を続けれる場合も多いです。年をとってからの転職は大変危険です。40歳までに自分のポジションを確立しておくキャリアを描いていきましょう。具体的には、課長や部長などの人事権を扱えるまでになっているということです。

 

 

ココがポイント

40歳以上の転職は危険!40歳までに自分らしく生きるキャリアデザインを設計しておく

 

 

ココがダメ

やたらと転職しても給料は上がらない。最初に思い描いたキャリアデザインを描くように努力する。

 

 

 

キャリアデザインとは?わかりやすく解説!自分の働く道の人生設計!

 

「笑って人生」(グルメ・ニュース・イベント・旅行・スポーツ等の雑記ブログ)

 

 

Google-adsense

Google-adsense

-キャリアデザイン

© 2021 天職de転職ブログ