面接成功法

質問編「ご家族は転職に賛成していますか?」は、転職の後押しになる。

質問編「ご家族は転職に賛成していますか?」は、転職の後押しになる。面接官は、やはりご家族の意見も気になります。家族が賛成なら大きな後押しになるし、家族がリスクを伴う転職には反対なら内定後に辞退されるケースもあるからです。意外ですがこの意見は参考にされています!

「ご家族は転職に賛成していますか?」

 

神楽 仁
面接官は、なぜこの質問をするかといえば、やはり家族の支えがあってこそ仕事が成立するということを知っているからなのです。家族の賛成がなくては、せっかく内定を出しても辞退されるケースがあるのです。内定辞退理由もみなさまざまに考えますが、家族の賛成が得られなかったということが多いからなのです。

回答編1「ご家族は転職に賛成していますか?」

鷹司 巫女
両親と同居しておりますが、異業種への転職ということで両親に反対されました。しかし、未経験分野であっても今までの経験を生かせる仕事で学生時代からやりたい職業であることを説明して、納得してもらいました。現在では、両親ともに転職に賛成していただいております。

 

ポイント

 

ハル
この場合、経験が生かせるということは個人の判断です。あまり言いすぎないようにしましょう。企業側が基本的にあなたのスキルを活かせるか判断します。

榊 龍人
この回答のように最終的には賛成されているという表現で伝えましょう。

 

回答編2「ご家族は転職に賛成していますか?」

蔵地 マイ
転職すると話すと妻は最初はよい反応ではなかったです。しかし、職場の事情や現在の状況で私がやりたい仕事ができないことを説明すると最後に妻は納得してくれました。会社は違うのですが、妻は以前の会社の同僚で同じ仕事をしていましたので内容をとてもよく理解してくれ積極的に業界情報収集などを手伝ってくれています。

 

ポイント

 

宮司 崇
あなたが家族の賛同を得ているのなら、反対されることはないと思われる。

大和 乙羽
転職に賛成してくれていることがよく理解できる説明です。この文のように転職を応援してくれている実例を話せば好感度も上昇します。

 

面接官が気になるのは、内定後の辞退です!!

須佐 可夢偉
転職活動は、家族の賛成を得て活動している方と何も話さずに活動している方がいます。面接官が気になるのは後者のほうなのです。

採用活動をするときの内定を出すときには、他の応募者を断っていることが多いので、内定後に内定を辞退されることが一番企業側の損失も大きいのです。

選考で厳選しているので最悪の場合は、もう一度、求人募集をしなければなりません。ですから特に配偶者の意見は聞いておきたいものなのです。

家族の賛成!だけでは疑問符が?やはり賛成した理由づけも聞きたい

鷹司 巫女
この質問では、家族が賛成してくれています。だけでは信憑性が低い場合もあります。多くの内定辞退者を見てきている面接官にとっては、どうしても家族が納得している理由まで説明を聞きたいのです。

そう考えると、転職に了解を得るまでの経緯などを話して、転職活動に賛成してくれたことを伝えましょう。例えば、「両親には反対されましたが、仕事内容を説明して今では賛成してもらっている。」などの説得力のある回答をしたいものです。

入社への熱意をアピールしましょう!!

ハル
転職に対する考え方を自己分析してみましょう。そのことがなぜ転職をしたのか?という強みと自己アピールになります。

例えば、「スキルが高められない現状を説明し、長い将来のスパンで見れば転職したほうが賢明である。家族の同意を得て転職先として御社を一番に希望しています。」などの説明は、一貫性を持った転職活動としてアピールにもつながります。

 

面接官はここを見る!

榊 龍人
ご家族は転職に賛成していますか?という質問以外にもご家族は転職をご存じですか?と聞く場合もあります。どちらの質問も採用への現実性を高める質問です。弊社と応募者がよい場合でも家族が反対されているならその方自体の転職も難しくなるからです。

蔵地 マイ
また、年長者さんの転職の場合は、ご家族や妻に子供さんなど背負うものが大きいので、こうした質問は慎重に聞かれるのです。

 

質問編「退職してからの期間が長いのはなぜですか?」に対する模範解答

 

雑記ブログ「笑って人生」

Google-adsense

Google-adsense

-面接成功法

© 2022 天職ブログ