キャリアデザイン

よく聞くブルカラーとは?ホワイトカラーとは?どんな違いがあるの?

よく聞くブルカラーとは?ホワイトカラーとは?どんな違いがあるの?前者は、工場作業員などの作業着を着ている肉体労働者に従事する労働者のことです。後者は、事務系などのスーツやワイシャツを着る仕事についている労働者を意味します。まれに管理職を意味する場合にも使われます。

 

 

 

ブルーカラーとは?わかりやすく解説!

 

 

 

神楽 仁
ブルーカラーとは、職業でも作業着を着て仕事をする労働者を意味する言葉で使われています。よく肉体労働者がこのブルーカラーになります。作業着の色は、青色になることも多く、青い襟の作業着を着る人を指しています。

 

 

 

ただ、国によっては考え方も違うようです。大学を卒業した技術者はホワイトカラーで、高校卒業の技術者はブルーカラーになるという、学歴の差で判断している場合もあります。
鷹司 巫女

 

 

 

ハル
アメリカでは、管理職はホワイトカラーと呼ばれています。ホワイトカラーは後に記述しますが、肉体労働をこなしながら管理職をする人も含まれるようです。この場合、厳密にはブルーカラーからホワイトカラーになったということでしょう。

 

 

とりわけ、3K職場の人にも日本では使われるみたいです。きつい・汚い・危険といった言葉を連想する言葉ですが、このような仕事に従事する人を意味する言葉として使われています。
榊 龍人

 

 

 

蔵地 マイ
こうした仕事は、工場で物をつくる製造業や三交代制の製造業などたくさんの工場労働者や溶接工など熱くて危険な仕事や外でコンテナを特殊機械で動かすクレーンオペレーターや土木作業員・トラック運転手などがブルーカラー労働者と言っても過言ではないです。

 

 

いわゆるリクルート社が発行するタウンワークなどのガテン系と呼ばれる仕事などが当てはまります。
宮司 崇

 

 

 

神楽 仁
よく高校や中学を卒業してすぐ就職する人は、事務職で働く人もいますが、日本では高校卒業者の事務職もブルーカラーと言っても過言ではないです。しかし、営業職などの仕事では学歴の差がない職種もあるためにホワイトカラー職と呼ばれる場合もあります。

 

 

鷹司 巫女
要するに、日本という国での分類は、高校卒業者がブルーカラー職が多いためにブルーカラー類郡に属しており、大学卒業者の場合が後に管理職になる場合が多いのでホワイトカラー郡と呼ばれます。

 

 

 

ハル
依然として日本では大学卒業者が管理職になって出世していく傾向が高いです。またホワイトカラーとブルーカラーでは生涯賃金格差もかなりあります。

 

 

 

榊 龍人
しかし、どんな仕事でも会社に信用されないと仕事を任せてもらえないです。いくら大学を卒業していても現場の使えるブルーカラー職の人が信用を経てホワイトカラーになっていく例もたくさんあります。

 

 

蔵地 マイ
要するに、どんな仕事でもまじめにコツコツやればチャンスがあるということだけは覚えておきましょう!!一生の生活を左右する問題ですから会社選びや職種選びも重要です!!

 

 

宮司 崇
やはり大企業でもブルーカラーからホワイトカラーに転身して年収1000万円以上貰える人もいます。最初に就く企業規模も重要!!儲けのある大企業を絶対選択しよう!!

 

 

 

ココがポイント

ブルーカラーとは、作業着を着る肉体労働従事者を意味する場合が多い。

 

 

 

ココに注意

ブルーカラーでも大企業ならチャンスはあります!管理職に転身すれば素晴らしい高給取りになっていく。

 

 

 

 

製造業・建設業・鉱業・農業・林業・漁業などの業種や生産現場の生産工程や現場で労働従事する人のことをブルーカラーという。

 

 

 

 

 

 

ホワイトカラーとは?わかりやすく解説!

 

 

神楽 仁
ホワイトカラーとは、白い襟という意味が直訳です。事務職で働く人や企業の管理部門や企画などの事務職で働く人を意味しています。また、知的・技術・開発などの仕事や販売・接客・営業・企画などの職に就いている人を指している場合が多いです。

 

 

 

鷹司 巫女
簡単にわかる方法は、スーツやワイシャツを着て仕事をしている人がホワイトカラー。外や工場などで作業着や制服を着て仕事をしている人がブルーカラーという区別をするのが簡単です。

 

 

 

ハル
厳密にいえば、日本では学歴にも由来しますので、大学卒業者の管理職登用コースに就いた人がホワイトカラー!!その他の出世の見込みがない事務員などはブルーカラーに近いホワイトカラーという感じになっています。

 

 

 

 

榊 龍人
要するに、出世できる人はみんなホワイトカラーと呼ばれるようになっていきます。それが工場内でも同じで現場出身の工場内管理職は作業着を着ていてもホワイト職ですからホワイトカラーになります。

 

 

 

蔵地 マイ
管理職になるならないということでも全然違います。ですがみんなが最初からホワイトカラーだったわけでもないということです。努力次第で高校卒業者でもホワイトカラーになることは可能です。

 

 

 

 

宮司 崇
ですが、最初に就く仕事で職業人としての道が決まりますから最初に一番良い条件で企業に就職することが一番望ましいと思います。ただ、近頃は、大企業に準ずる企業でもブラック企業と呼ばれる会社はたくさんあります。法令順守は企業の義務ですが、平気で超過勤務させたりもします。そうしたことからも適度に対応対処できなければ決して素晴らしい企業人生を過ごすことはできません。

 

 

 

神楽 仁
企業選びや職業選びは重要です。できるなら一番最初はワイシャツを着る仕事をして職を学びながら成長しよう!!人には様々な特性があります。自分に得手不得手もわかっている人もいると思いますが、挑戦することも大切です。どうか挑戦する人生を選択してほしいです。どの道も楽な道はありませんが、努力をすれば必ず道が開ける可能性が高まります!!人生設計を間違えないように素晴らしいキャリアデザインを描ける仕事を選択しよう!!

 

 

 

 

ココがポイント

白い襟という言葉の通り、営業・販売・接客や技術・開発・管理職などの仕事に就く人を指す言葉としてホワイトカラーと呼ばれることが多い。

 

 

 

 

最初に選ぶ仕事で職業人生が決まってしまいます。途中で変わることは可能ですが、転職しすぎると企業から変人扱いにされ信用されない場合もある。キャリア人生をしっかり描く目標を立てましょう!!

 

 

 

メタルカラーとはどういう意味でつかわれるのですか?わかりやすく解説!

 

「笑って人生」(グルメ・ニュース・イベント・旅行・スポーツ等の雑記ブログ)

Google-adsense

Google-adsense

-キャリアデザイン

© 2021 天職de転職ブログ