ブログ

中小企業の経営者特化の「社長Online」コンサルタントサービス!

中小企業の経営者特化の「社長Online」コンサルタントサービスなら有名な日本のコンサル会社の「株式会社船井総合研究所」が提供するサービスで現状問題の把握と解決や未来への道筋など解決策を導き出せる可能性が拡大します!新たな知見や発想も創造できる可能性も!!

 

株式会社船井総合研究所が提供する「社長Online」サービス!!

社長オンラインサービスの概要です!!なぜ?社長ONLINEを立ち上げたのか?わかりやすく解説しています!

 

この動画で社長Onlineの考え方に賛同された方!今すぐ現状の問題解決をするのならまずは無料お試しから始めてみませんか?

 



業績回復・問題解決・諸施策の構築など会社経営には問題点が山積みです。そんな解決策を打開するときは、外部の意見も取り入れてみると参考になります!

 

船井総合研究所の社長Onlineの特徴

 

社長Online

  • アプリやスマホを使って学べる経営者向けのメデイアです。
  • 船井総研が培った経験を基に独自で作成する経営者向けコンテンツで気づきを提供できる。
  • 最先端の経済ビジネスが学べるNewspicksと提供しており、Newspicksの有料版のプレミアムプランも利用できるようになります。
  • ニュースや記事に対して有識者やコンサルタントのコメントがあり、多角的にニュースや記事が理解しやすい。
  • 社長Onlineを利用することにより、経営者にとって業績をあげることにつながるメデイアです。

 

鷹司 巫女
日本の企業は、99%が中小企業です。中小企業といえば、ニッチビジネスや日本の大企業の下請けを支えているというイメージが強く、経営財務面でも安定させるのに苦労するというイメージが強いです。

 

ハル
中小企業といってもピンからキリまであります。資本金30億円の企業でも中小企業と呼ばれますし、資本金1000万円でも中小企業と呼ばれます。おおよそ財閥系企業グループや新興企業グループなど日本の根幹を支えている大企業グループを除けばほぼ中小企業と呼ばれます。

 

榊 龍人
例えば、東証一部に上場しているだけでも日本では2192社です。上場している企業は、2021年7月18日現在でわずか3788社のみです。(*日本取引所ノデータ)その中で、日本の企業数は、株式会社の数だけでも225万3777社にものぼります。

 

蔵地 マイ
そうした点で見てみれば、上場企業は株式会社の全体の0.168%しかないのです。この数字が日本経済の実態といえます。つまり、上場企業数は圧倒的に少ないのです。

 

宮司 崇
上場するということは、一定の信用保証を得られます。厳しい条件をクリアすれば始めて上場できるからです。ということは、こうした諸条件をクリアできていない会社が日本には99.832%以上あるということなのです。

 

大和 乙羽
上場すればいいというわけではありませんが、上場することによって資金を集めるといった点では、上場企業というモノは利点が多いです。一方、未上場ですと会社の規模が小さいとどうしても思われがちになります。

 

須佐 可夢偉
会社経営するうえでまずは、上場させることを目指してみませんか?上場することで社会的信用は一気に高まります。その分、苦労も多くなりますが、会社経営をされている中小企業経営者様の目指す位置は、上場だと個人的に思っています。

 



船井総合研究所の社長オンラインで業績アップ!!

経営者5,000名超利用!経営情報サービス【社長online】

社長Onlineで業績アップ!!

  • 船井総研の知見とNewspicksの知見の双方を活かした経営者向けメデイアです。
  • 東証1部・中小企業に特化した日本トップレベルのコンサルテイングファームの「船井総研」が運営!!
  • 経営の気づきや時流をつかむことができ、正しい経営判断や投資ができることで業績があがる!!
  • アプリですきま時間に利用できるから便利です!!

経営・経済のデジタル情報サービス【社長online】

榊 龍人
経営者は、時折考えが固まってしまい適切な判断ができなくなる場合もあります。幸の連鎖が続いているときは、なんとも思わないですが、一旦、負の連鎖が何とも言えないような負の思考で物事を考えてしまうことだってあります。
 

 

蔵地 マイ
適切な判断力を失わないためにも通常は、いろいろな会などに参加したりして異業種間の交流などで人脈を広げる人もいます。しかし、確実に役立つ人脈はそう多くはないと思います。

 

宮司 崇
人脈を広げるよりも確実なアドバイスをしてくれる人がいるほうが何よりも得られるものが大きいです。大切なビジネスで機会損失しないためにも適切な人材とアドバイスをしてくれる友人・知人を持つことが大きな財産となります。

 

大和 乙羽
経営は難しく、先が読めない。しかし、現状を知っておくことである程度の見通しはつくことも多いです。適切な経営判断をするためにもこうした知の投資は惜しまないことが未来への飛躍のカギだといえます。

 



現状を知ることで適切な経営判断をする。そんな第一歩が株式会社船井総合研究所が提供する「社長Online」です!!

 

 

Google-adsense

Google-adsense

-ブログ

© 2021 天職de転職ブログ