面接成功法

質問編「前職と違う職種・業界なのはなぜですか?」に対する回答事例!

質問編「前職と違う職種・業界なのはなぜですか?」に対する回答事例!現在では未経験可能や経験不問といった募集も見かけます。こうしたもの多くは第2新卒狙いのものが多いです。経験者が重宝されることは間違いないことですから、面接には入念な準備をして望みましょう!

「前職と違う職種・業界なのはなぜですか?」

神楽 仁
転職をする過程で以前とは全く違う職種や業界に飛び込む人もいます。業種や職種によっては歩んでいるキャリアが全く通じない場合もありますが、経験値をもとに役立てれることを伝えましょう。

また、未経験採用もたくさんあるので今まで培た経験でその職種の下地が出来上がっており、貢献できるなどというアピールも必要です。仕事をしていれば共通するスキルも必ずあります。

例えば、「誰とでもすぐに仲良くなれる」というのはスキルかもしれませんし、人柄かもしれません。しかし、スキルとみなす企業であればとても大事にしてもらえますよ。

すべての仕事に共通するのは、「コミュニケーション能力」かもしれませんね?

回答編・・・1「前職と違う職種・業界なのはなぜですか?」

鷹司 巫女
大学卒業後、約4年間、海外旅行の添乗員として勤務してきました。主にヨーロッパを担当し、1年のうち半分以上の日々を海外で過ごしてきました。そのため英語やフランス語の日常会話には不自由しません。仕事の業務は毎日多忙でしたが、ファッションにも興味があり地元のブテイックヘ立ち寄りファッションに関しましては自信があります。御社は、主に海外でのブランド品の買い物ツアーなどをツアーオプションにされています。現地の最新ファッションショップ巡りは大好評のようで老若男女問わずターゲット層の広さが魅力的です。私は、今までの業務経験と現地生活をへて得た人脈こそが最大のウリです。現地の有名ショップのファッションショーや新作披露会なども毎回招待をいただいております。こうして得た人脈を駆使して御社のヨーロッパツアーのオプションツアーに貢献できると思い応募しました。語学力を生かして有名店との折衝も担当できればと思っております。

 

ポイント

希望職種への熱意が感じる答えです。都市名やそこでの流行なども伝えてみると効果的です。
須佐 可夢偉
大和 乙羽
志望動機が明確です。入社した場合の別の部署を提案された場合も考慮しておきましょう。
他の応募者とは明らかに一線を画している。スキルをアピールできているのでよいです。このような人材はなかなかおめにかかれないクラスの人材ですので企業側はやはり採用したいです!
宮司 崇

回答編・・・2「前職と違う職種・業界なのはなぜですか?」

ハル
私は、営業事務を3年間担当して、営業所内の事務的な業務全般と営業マン支援のための顧客サポートを経験してまいりました。基本的に顧客サポートは、電話連絡のみでの対応でしたが、多忙な営業所内でしたので直接顧客企業などにうかがう場面もあり、営業の面白みを経験しました。

お客様と直に接してわかったのですが、営業部員は事務処理や経理処理に売上管理などにたけている人が少なく、私の対応は評判になりました。そこで思い切って営業部への異動を希望したのですが、他に事務所を任せられる事務員さんがいないという理由で断られてしまいました。

私自身は、営業部員としての実績はありません。しかし、わずか1年半ほどですが、お客様と対応した経験は、私のスキルにつながっていると考えます。また営業所内での営業事務経験の3年間の経験は実績として御社の営業職でいかせると思います。

 

ポイント

最初に自分が営業事務のスペシャリストであると述べていることはスキルアピールになります。
蔵地 マイ
榊 龍人
希望の職種の具体的な面白さを伝えることで未経験でも業務内容を理解していると考えてくれます。
全くの未経験職種ではなく、希望の職種にも下地があることを強調しています。
ハル
鷹司 巫女
応募先企業では経験した仕事がいかせる説明をして具体例を提示しています。

 

回答編・・・3「前職と違う職種・業界なのはなぜですか?」

榊 龍人
新卒で入社した現在の会社では、携帯電話の販売員を担当しています。入社時期は就職難でした。また業務内容をよく調べずに就職した未熟さから、入社当初から職種が自分には合わないのでは?と考えていました。

仕事には自分なりに積極的に取り組んできましたが、やはり、当初志望していたメーカーでの総合職への興味が断ち切れずに転職を決意しました。大学では英語も勉強し、卒業後にはTOEICのスコア850点にまでなりました。

総合職の業務経験はございませんが、自己啓発を怠らずにこのたび、中小企業診断士の資格取得も目指しています。わずか2年間ですが、販売員としての一通りの接客術と接遇応対術の経験は、顧客企業の社員さんとのコミュニケーションに役立つと考えております。ぜひ総合職での採用をお願いします。

 

ポイント

須佐 可夢偉
まったくの別の業界と業種ですが、あくまでも自分の責任として話しましょう。
大和 乙羽
自らアピールした積極性が仕事のどこに反映されているのかを実績を付け加えて説明したいです。
宮司 崇
これらの経験は、面接官から再度聞かれる場合もあります。その答えも用意しておきましょう。
蔵地 マイ
現職での経験が何らかの形で応募職種にいかせることも伝えましょう。

 

社会人としてのマナーを身につけていることが最低の条件です。

蔵地 マイ
未経験者は即戦力にはなりません。これは自覚しておきましょう。それでも企業が未経験者を採用する理由は、1から社会人として育てる必要がないことなのです。一般常識やマナーを身につけていることが最低条件ですから、社会人として通用しない未経験者なら新卒者を採用するのです。

仕事をやり遂げた経験を話そう!

宮司 崇
未経験者でも何らかの仕事を続けてきたことは事実です。仕事には、業種や職種別の専門性だけでなく共通する部分も数多くあります。顧客対応、企画立案、組織での協調性などです。こうした基礎的な能力は確実にこなしていたことはアピールできます。さらには、会社でのプロジェクトや担当業務なども仕事での経験ですから積極的に相手が好印象を持つ話し方に変えて伝えましょう。

使えるスキルの説明と応募職種へ応用できるスキルのアピール

大和 乙羽
転職活動では、今まで培ったスキルや経験をアピールします。それと同時に努力なども伝えたいものです。応募職種へ役立つ資格の取得や資格取得へ勉強中などいろいろあることを自己アピールしましょう。

未経験者に求められることは熱意です!!

須佐 可夢偉
企業が未経験者歓迎と求人に書いてある場合、応募者への仕事に対する熱意を見る場合も数多くあります。一定の社会人経験があるのであればできて当たり前のことは当然ですが、仕事に対する熱意や情熱に斬新なアイデアを出せることや吸収力が早いなどの要素も求められます。

面接官はココを見る!

転職などの姿勢や熱意などを一通り聞いて、より詳しいことや疑問に思うことを質問するのです。
榊 龍人

ハル
未経験分野への採用の場合、面接官も不安要素が多いですから、お聞きすることが多くなってきます。

きっかけなどはどんなことでもよいのですが、応募職種を選んだ理由は納得できる説明が欲しいです。
鷹司 巫女

須佐 可夢偉
やはり知りたいのは、転職理由です。営業職や技術職に限らず、基本的にはスキルアップのための転職が多いからです。ですから未経験転職者の場合は、その理由を詳しく知りたいのです。

異業種転職の場合、安易な転職ではないのか?本当にこの人にこの仕事ができるのか?といった要素を確認します。今の仕事が嫌でやめた。新しいことにチャレンジしたい。だけでは採用側は決め手に欠きます。
大和 乙羽

 

質問編「転職回数が多いのはなぜですか?」に対する回答事例!!

 

雑記ブログ「笑って人生」

Google-adsense

Google-adsense

-面接成功法

© 2021 天職de転職ブログ