面接成功法

質問編「なぜ休職されていたのですか?」職場復帰をする場合の回答例!

質問編「なぜ休職されていたのですか?」職場復帰をする場合の回答例!休職していた場合、面接官が気になるのはやはりその理由です。通常行身に支障がないか?再発しないのか?など気になる点は聞かれます。仕事への支障はないことを伝えましょう!!

「なぜ休職されていたのですか?」

神楽 仁
人生は長いようで短いもの。その間に病気やけがなども起こりうるのが人生です。病気で長く働けない場合もあり得ます。しかし、完治したら働かないと生活していくことができません。そこで復職するための面接で模範解答例を考察しました。参考にしてみてください。

回答編1:「なぜ休職されていたのですか?」

鷹司 巫女
退職を機に、医療事務資格の取得を目指して集中的に勉強をしていたために休職期間ができました。

資格は取得できましたか?
神楽 仁

鷹司 巫女
はい。先月に医療事務管理士技能認定試験に合格しました。その他にもこの期間中に診療報酬請求事務能力認定試験にも合格しました。これらの資格が活かせる病院を中心に応募しています。

回答編2:「なぜ休職されていたのですか?」

榊 龍人
体調を崩して入院治療のために休職していました。

病名や症状についてお尋ねしてもよろしいですか?
神楽 仁

榊 龍人
腰椎椎間板ヘルニアでした。腰椎軟骨の摘出手術を受けましたが、現在は入院治療のかいもありすっかり完治しました。仕事に戻っても大丈夫ですと医師から言われています。

再発の可能性はないのですか?
神楽 仁

榊 龍人
はい。大丈夫です。通院リハビリも順調にこなして健康的な体に戻りました。

ここがポイント!!

ハル
休職の理由は、人それぞれです。資格試験のため、親の介護のため、出産や育児のため、自己啓発のため、海外留学のため、病気療養のためといくらでもあります。こうした理由を面接官が納得できる形で正直に話すことがポイントです。

病気療養の場合

蔵地 マイ
病気療養の場合は、その病名や症状をお伝えしましょう。休職時には完治していると望ましいですが、通院しながらでも業務に支障がない場合はその旨をお話ししましょう。

宮司 崇
あくまでも医師の診断から職場復帰は可能です。が前提です。胃の摘出手術を受けたが、全快し就業可能とお墨付きなどでも大丈夫です。

精神疾患の場合

大和 乙羽
職場のストレスで精神が病んでしまうことだってあります。しかし、精神疾患系の病気の場合は、採用を敬遠される場合が多いですから、うつっ病だった。ということは話さないほうが得策とも言えます。

通院が必要な場合

須佐 可夢偉
病気が全快しても通院する場合もあります。基本的に業務に支障がない場合は触れる必要がありませんが、勤務時間中に通院する必要がある場合は、事前に報告しておきましょう。例えば、月に1回は指定医の診察をするために午前中は通院が必要です。などは後々のトラブルを避けるためにもあらかじめ報告しておきましょう。土日(休日)などでの通院可能な場合は、触れなくても大丈夫です。

 

 

質問編「前職をすぐに辞めた理由を教えてください。」の場合の模範解答例!

 

雑記ブログ「笑って人生」

Google-adsense

Google-adsense

-面接成功法

© 2022 天職ブログ