転職サイト

50代で転職は成功する?条件は?人生後半の仕事探しは大変です。

50代で転職は成功する?条件は?人生後半の仕事探しは大変です。50代の転職となると窓際族に追い込まれたり、早期定年退職を推奨されたりと肩たたきにあっている場合が多い。また、今までに安定していなかったら転々とする職業人生を歩んできたかもしれません。

 

 

50代の転職は成功する条件は?

 

 

 

 



 

 

50代の転職を考える人はたくさんいると思います。

 

今まで順調に勤めていた会社ですが、突然のリストラを通告されたり、早期定年退職を推奨されたり、窓際族に追い込まれて転職を推奨されたりとほぼ100人中99人がこのような状況下だと思います。

 

ほんの一握りの人は、さらにステップアップのための転職もあり得ますが、一般に50代になってから求職する人は前者だと思います。

 

結論から言いますと、50代でも転職できる会社はいくらでもあります。それは何故かといえば、人手不足産業に目をつけることです。

 

猫の手も借りたいと思われる業界でしたらきっとあなたの労働力を貴重な戦力として使ってもらえる場合があります。

 

ただし、言えることは確実に年収は減ります。前職で長く会社勤めをしていた場合は如実にその結果がわかると思います。

 

この時期の転職で好待遇で向かい入れられる転職組は100人中1人いるかいないかという確率でしょう。

 

それは、バリバリの銀行マンがその系列の融資先の会社に出向をしたり、同業のコンサルタント会社から引き抜かれたりと今までの実績をフル活用している人しか好待遇はつかみとれません。

 

残念ながら、ネット求人検索などでは美味しい条件でのスカウト的な求人は50代ではないといえることが事実です。

 

最初にも述べた通り、労働力とみなして使っていただける職場でしたらおそらく再就職は可能だと思います。

 

しかし、現実的に見れば減収的な転職になることが多いです。

 

くれぐれもこの時期までに会社で一定のポジションと成果をあげておくことが生き残りの条件と言えるでしょう。

 

日本は、99%が中小企業ですから経営状態が悪化すれば高給取りから徐々に肩たたきやバッサリリストラなどを行います。

 

1%の中の大企業でしたら定年までいままでの大切な戦力だった人として貴重に使ってもらえることが多いですが、待遇はやはり巨大企業ほど好条件であるということは肝に銘じておきましょう。

 

そのために私たちは大学受験をしてよい条件の企業に就職するわけです。

 

 



 

 

 

 

 

50代で転職するならガテン系や警備員が狙い目!! 

 

 

 

多くの場合、50代からの転職はかなり難しいのが現実です。そこで私が着目したのは、人手不足産業です。

 

 

50代でも求人案件のある業種

  • 運送業などは常に人手不足!宅配便や路線便から個人運送まで免許があれば求人がある。
  • 3K職場!きつい・きたない・きけんなど介護補助員ならまだまだ求人はあります。
  • 衛星系の仕事。汚物を処理する業者などは人手不足の場合が多い。
  • 警備員などは急には難しいかもしれないが意外と小さい警備会社なら入社の可能性も高い。
  • ごみ収集・産業廃棄物業者・・・人ではやはりほしい産業です。
  • 肉体労働など現場作業や清掃員など

 

 

 

とくに運送業などは免許があればいつでもできると思います。遠慮はしないでガツガツとチャレンジしましょう。

 

 

体力的にはかなりきつい仕事ですが、慣れればしめたもの。自分のペースで仕事ができるから50代・40代向けの職業だと思います。

 

 

年齢を重ねると他人から注意されると「ムッとくる」場合が良くあります。

 

 

ある一定の年齢を超えると怒られることに対しても抵抗や疑問を感じる世代ですからマイペースにできる職業に就くことをおすすめします。

 

 

また、2種免許をとってタクシードライバーなどに転身をするのも良い選択肢かもしれません。いずれにせよ高齢からの新規の職場での慣れるまでの時間はとても大変です。

 

 

なじめずにストレスで体調不良になっていく人を何人も現実的に見たことがありますから、こうした車関連の職業を狙い目として絞っていくのが良いでしょう!!

 

 

肉体労働も急には務まりませんが警備員などに採用されたらしめたもの。

 

 

体力的にはきつくないですからよい選択肢だと思います。

 

 

実際、警備員は自衛隊上がりの人も多いですが、一般の方も多く採用されていますからガツガツと挑戦して応募してみましょう。

 

 

この時期で遠慮することはないですからこれだと思えば自分から積極的に動けばきっとよい職場が見つかると思います。あきらめずに応募し続ける。

 

 

そういえば、私も就職するときは30社くらいは応募していた気がします。

 

 

それだけいろいろな企業さんと会って肌で感じる経験もその次につながると思います。

 

 

とにかくあきらめないことが肝心ですから辛抱強くトライし続けましょう。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

ココがポイント

人手不足産業なら求人はまだまだある!!

 

 

 

 

 

50代で転職成功例

 

 

 

50代での転職成功例というよりは、ステップアップ成功例といえます。

 

 

step
1
銀行に就職

 

 

step
2
銀行で順調に出世

 

 

step
3
支店長クラスまで出世する

 

 

step
4
幹部候補まで行けば、銀行の融資先の企業に役員として出向する場合もある

 

 

step
5
出向先で業績をあげればさらに系列の融資先企業の社長に就任

 

 

 

今話題のドラマ「半沢直樹」ではないですが、最初にメガバンクに就職して順調に業務をこなして責務を果たしていけば、40代くらいから半沢直樹さんくらいのポジションにいける場合があります。

 

 

彼もやり手のエリート社員ですが、このポジションくらいになれば銀行の融資先の執行役員で就任するということがよくあります。

 

 

そうしてキャリアを重ねていくうちに頭取や系列会社の社長に就任するなど華やかなキャリアを描く人は、転職というかキャリアデザインの成功例であるといえます。

 

 

この過酷な出世レースは大変ですが、このくらいになればほぼ成功したといえるでしょう。

 

 

皆様も様々な経歴をお持ちですから参考程度にこのようなこともあるということです。

 

 

 



 

 

 

 

ココがポイント

ローマは1日してならず!成功しようとすればそれなりの努力が必要です。

 

 

 

 

 

リクナビNEXTを推奨する理由

 

 

 

私は、50代の方が転職する求人を見つけるならリクナビNEXTが一番良いと思います。求人サイトはたくさんありますが、求人数はダントツです。

 

 

また、50代向きのドライバーなどの求人や警備員・工場労働などそのジャンルの業種もたくさん掲載されています。

 

 

他社の場合、比較的年齢制限があるように思われますが、リクナビNEXTならあなた向きの求人もきっと見つかるはずです。

 

 

さらに併用してスカウト登録をすればあなたの希望の条件にピッタリと会う会社を紹介してもらえたり、企業からオファーが来たりします。

 

 

そうしたことからかならず求人が見つかるはずです。希望を高く持ちすぎないでできることをやる感じの求人ならきっとみつかります。

 

 

前職と比べれば新人でその会社に入社しますから収入は減る人が大多数でしょうが、働かないよりは働いたほうがよいです。まずは求人登録して是非希望の求人を見つけることから始めましょう!

 

 

 

 



↑↑↑きっと求人が見つかる!!登録無料だからいつでもすぐ始められる!今から登録してみよう!!↑↑↑

 

 

 

 

40代で転職する人の成功条件!続けてきたキャリアを継続する!

 

「笑って人生」(グルメ・ニュース・イベント・旅行・スポーツ等の雑記ブログ)

Google-adsense

Google-adsense

-転職サイト

© 2021 天職de転職ブログ