知識・教養

ファイナンシャルプランナーとは?資格や仕事の内容を解説します!

ファイナンシャルプランナーとは?資格や仕事の内容を解説します!顧客である個人や中小企業事業主の相談に応じて主に資産を分析し貯蓄・保険・投資・税務・府相談・相続・事業継承などのプランを立案してアドバイスを送る資産相談の専門家といえます。

ファイナンシャルプランナーとは?

神楽 仁
ファイナンシャルプランナーとは、一般社団法人金融財政事情研究会によれば、顧客である個人や中小企業事業主の相談に応じて、顧客の資産に関する情報を収集して分析し顧客のライフプランやニーズに合った貯蓄・投資・保険・税務・不動産・相続・事業継承等についてのプランを立案し、アドバイスを行う資産相談の専門家です。

 

ファイナンシャルプランナーの資格

ファイナンシャルプランナーは、「名称独占資格」です。例えば、医師や弁護士が「業務独占資格」ですから、こうした資格がないと業務を行うことができませんが、ファイナンシャルプランナーの場合は、業務自体は誰でも行うことができますが、資格がないのにファイナンシャルプランナーとして名乗ることができません。これを名称独占資格といいます。つまり、ファイナンシャルプランナーを名乗る人は国家資格に合格した人だけが名乗れる資格なのです。
神楽 仁

ファイナンシャルプランナーの仕事

鷹司 巫女
主に資産設計業務を行います。顧客の相談内容に応じてライフプランを作成して問題を解決します。貯蓄・投資・保険・税務・不動産・相続・事業承継等の相談に応じて対応が求められますが、多くの場合は既存の業務に付随する形で活躍している場合が多いです。

例えば、保険の外交員さんなどは、保険証券を取り扱うことができます。彼らは生命保険募集人という資格を取り、生命保険販売をしますが、その際にファイナンシャルプランナーという肩書を持つと顧客の要望に応えることの幅が広くなりますから本業に活かすために取得する人が多いです。
ハル

榊 龍人
また、証券外務員さんなどは、投資信託など投資に関する業務を行いますが、その際にもファイナンシャルプランナーとして名称できれば顧客の相談に応じながら投資などの相談ができます。

多くの場合は、本業の業務にプラスして利用している方が多いようですが、独立して相談業1本で食べていく人もいます。顧客をつくることは本人の努力次第ですから、幅広いビジネス手法を駆使してファイナンシャルプランナー業務で独立できる方もいるようです。
蔵地 マイ

宮司 崇
あとは、税理士さんがファイナンシャルプランナーとして税務相談しながら幅広く顧客の要望に応えていくというケースもあります。会計事務所の方ならファイナンシャルプランナー取得必須など義務つけられている事務所もあるようです。

このように多くの場合は、本業の業務の幅を広げるために取得されている方が多いようです。もちろん、弁護士さんや不動産営業の方々(宅建士)のかたにもファイナンシャルプランナーという資格は重宝されています。
大和 乙羽

須佐 可夢偉
持っているといろいろな業務に応用できるので資産相談の専門家としてのスキルを磨くことができます。

 

通信制大学で大学卒業の資格を目指して学士号を取得できます!!

 

雑記ブログ「笑って人生」

Google-adsense

Google-adsense

-知識・教養

© 2022 天職ブログ